人気ブログランキング |

<   2015年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今日の本命 クロスジフユエダシャクのペアー


昨日ネコハエトリを撮った広場で、クヌギの落葉上を飛び交う
多数のクロスジフユエダシャクの♂を見つけ
もうフユシャクの時季になったのかと感慨を新たにしたところだった。

暫く(といっても20分ほどか)結婚相手を見つける瞬間を見届けようと観察を続けたが
クヌギの落葉にもぐりこむ個体は見受けられず、♀が出現するには未だ早いのかと
素人判断で観察を打ち切った。たまたまか落葉にとまった♂をカシャッと!
d0283373_1750404.jpg


やはりクロスジフユエダシャクの挙動が気になって、昨日と同じ場所に確認に出向いた。
今日は♀はどうかいなとしばらく観察を続けたが変化がないようだ。
で、諦めてそこから移動してチョウなどを撮ってから、再びこの場所に来て観察、
うーん、未だ♀の出現には早いんかいなと、地面を注視していた目線を上げたら
目の前のヤマモモの枝の切り口にいましたよ、ペアーで交尾中!
何んとナント、この場所は私にとって盲点だったな。
d0283373_18411656.jpg

d0283373_1841291.jpg

オスの触角に注目。
♀が出すフェロモンを効率良く受け取ることができるよう、細かく枝分かれしています。
d0283373_18453937.jpg

暫く撮影を続けていたら、♂が翅で♀を隠してしまいました。
d0283373_1847798.jpg

外敵に襲われないように注意しなくてはね!

M1の深度合成にもだいぶ慣れてきました。
今日は小春日和で暖かく、日差しもきつくて影が出来てしまいました。
次は、これ用に事前に準備しておいたリングライトで試してみたいです。

by massie2013 | 2015-11-30 19:00 | 昆虫02:チョウ目 | Comments(0)

OM-D E-M1カメラ内深度合成撮り直し


昨日試し撮りをアップしたところ多数の皆様に訪問して頂きビックリしています。
昆虫ファンならずとも多くの皆様が、手軽に深度合成できる機能に関心をもっておられるのですね。

そして、昨日の出来に自分自身イマイチ納得がいかず、このままでは多くの皆さんに
こんなものかと不信感を与えてしまってはオリンパスさんにも申し訳ないと思い
今日は近くの公園にモデルを求めて出掛けてきました。

幸いにもケヤキの幹上で日向ぼっこしていたネコハエトリを見つけ
そして、時季外れではと思うホトケノザの花にモデルになってもらいました。

Before & After という並びで、1枚目最初のショット、2枚目深度合成後です。
フォーカスステップはデフォルトの5.いずれもノートリ画像で1200×600に縮小しています。
深度合成画像は仕様上トリミングされて出力されているので、少し大きくなっています。
OLYMPUS OM-D E-M1, M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
画像上でクリックして頂くと大きめの画像になりますので、深度合成の効果が分かりやすいと思います。

d0283373_15565393.jpg

d0283373_1557322.jpg
d0283373_1557138.jpg
d0283373_15572364.jpg
d0283373_15573419.jpg
d0283373_15574468.jpg
d0283373_15581735.jpg
d0283373_1558273.jpg

初春を感じさせる(と個人的には思っている)ホトケノザ、時季外れと思うがそうでもないらしい。
d0283373_15584324.jpg

d0283373_15585415.jpg

以上昨日の画像よりは深度合成効果が出ていると自画自賛しています。

デーニッツハエトリはカメラ目線で頭を上にあげてくれるので撮りやすい。
これは在庫からで、このモデルで深度合成してみたいですね。来年の夏以降かな?
d0283373_16243798.jpg

いずれにせよ私にとって最高の玩具が手に入ったという感じで
これからのフォトライフを楽しんでいきたいと思います。

で、望遠域で野鳥を深度合成したらどうなるんでしょうね?

by massie2013 | 2015-11-29 17:00 | クモ | Comments(4)

OM-D E-M1でカメラ内深度合成試し撮り


26日にリリースされたカメラ内深度合成の試し撮りでいつもの公園へ

あわよくばデーニッツハエトリかシギゾウムシあたりに
モデルになってもらいたかったが、時季すでに遅し!
困ったときの神頼みで木道の手すりウォッチングをしたがいない

やっと見つけたが名前の分からない昆虫、多分チャタテムシの仲間か
体長6~7mm 同定するには今の私にはストレスがかかりそうなのでパス

深度合成なし(デジタルテレコン使用)
d0283373_17314232.jpg

深度合成後
d0283373_1732543.jpg

次はコバネイナゴかな 深度合成なし
d0283373_17325797.jpg

深度合成後
d0283373_1733202.jpg

ワカバグモ 深度合成なし
d0283373_1734674.jpg

深度合成後
d0283373_17342348.jpg

つい今までの癖が出て、昆虫の体と平行になるような角度から狙ったので
深度合成有無で昆虫自体には大差はつかなかったが、背景の木目や苔、葉っぱの
模様などはボケないで結構くっきり写っていると思います。

深度合成モードには一回のレリーズでピント位置をずらしながら8枚撮影し
それをカメラ内で深度合成処理をしてくれるもので、ピント位置も10ステップで
変えられるようになっています。今回はデフォルトのステップ5で撮影しましたが
被写体の大きさ、厚みなどに応じて最適のものがあるんでしょうね。

深度合成はTG-3で楽しんできたので、分かったようなつもりでいましたが
M1では電子シャッターなので無音、その他いろいろと戸惑いました。

でも これでカメラボディは一台で野鳥も昆虫も撮れる体制になりました。
出来るだけ身軽な装備で出掛けられるのが嬉しいです。

実のところ深度合成は甲虫類のポートレートを撮りたいと思っていたので
d0283373_18414515.jpg

今年はドングリを集めての飼育をやっていないので残念です。

by massie2013 | 2015-11-28 19:00 | その他 | Comments(0)

三番瀬のその他の野鳥


11月11日(水) 三番瀬船橋海浜公園 天候晴れ 大潮

そろそろ三番瀬から脱け出さないと、いつまで続けてんだ!とお叱りを受けそうなので
既出もありますが、まとめて三番瀬のバイプレイヤー達を。(私の勝手な区分です・・・)

オオソリハシシギ 今回は一羽だけでしたな
d0283373_17282944.jpg

カンムリカイツブリ 夏羽も見たいが時期尚早
d0283373_17442892.jpg


ダイゼン 5羽いました。青のフラッグ付もいました。
d0283373_1730032.jpg

ウミアイサ 沖合を泳ぐのでジャスト逆光
d0283373_17305650.jpg

今年も見つけましたビロードキンクロ、1羽だけ、とにかく遠い。
d0283373_17314552.jpg

妖しく光る眼をしたハジロカイツブリ
d0283373_17322133.jpg

春先に以前見た夏羽に変身したハジロカイツブリ大集団
これには感激しましたね。ぜひ一度ご覧ください。

次回は、谷津干潟の野鳥に移りましょう。
長々と続けさせて頂いた三番瀬の野鳥をご覧頂き有難うございました。

そうそう、昨日OM-D E-M1のファームウェアアップがリリースされ
カメラ内深度合成が出来るようになりました。
一応、バージョンアップは完了したのですが、家の中には虫がいない。
(まあ、目につく虫がいたら家人から大叱られですけどね・・・)
一週間ぶりにフィールドに出て被写体を探すことにしましょう。

by massie2013 | 2015-11-27 18:30 | その他 | Comments(0)

三番瀬の人気者 ミヤコドリ


11月11日(水) 三番瀬船橋海浜公園 天候晴れ 大潮

8時14分ミヤコドリの第一陣が、浜辺から少し離れた干潟めがけて飛んできます。
(気づくのが遅れました)
d0283373_1782897.jpg

d0283373_178558.jpg
d0283373_1791257.jpg
d0283373_1792473.jpg
d0283373_1795176.jpg

着いて早々なのにお休みモードの個体がいます、何で・・・
d0283373_17102322.jpg
d0283373_17103327.jpg

ミヤコドリは意外と敏感!アサリ獲りの人が近づくと別の餌場に移動
d0283373_17105357.jpg
d0283373_171195.jpg

三番瀬では長靴があった方が撮影範囲が広がります。
(浜辺からはどうしても逆光気味になるので)
私はそのためにひざ上までくる長靴を買いました。
年に2回しか使わないのにね・・・(苦笑)

by massie2013 | 2015-11-26 18:30 | 野鳥:ミヤコドリ科 | Comments(0)

アサリ獲りを楽しむ人と野鳥


11月11日(水) 三番瀬船橋海浜公園 天候晴れ 大潮

都心から一番近い潮干狩り場として人気のスポット
開催期間は4月~6月で、期間外はだけでも立ち入りが出来るようですね。
(前回3月に行った時は準備期間で中に入れませんでしたが・・・)

当日も潮が引くにつれてアサリ獲りの人が三々五々と集まります。
カメラマンは多い時で20人くらい、アサリ獲りの人の方が多かったな!

で、アサリ獲りを楽しむ人と野鳥の共生を集めてみました。
d0283373_17504916.jpg

d0283373_1751687.jpg
d0283373_17521321.jpg
d0283373_17522574.jpg
d0283373_17525177.jpg
d0283373_1753641.jpg
d0283373_17531965.jpg

これだけカメラマンの後方の野鳥
d0283373_17533646.jpg

野鳥それぞれに人間との距離感を保っているようです。
ミヤコドリはやはり警戒心が強いようです。

次回は三番瀬のスター ミヤコドリを!

by massie2013 | 2015-11-25 19:00 | その他 | Comments(0)

三番瀬のミユビシギ


11月11日(水) 三番瀬船橋海浜公園 天候晴れ 大潮

三番瀬の野鳥が今しばらく続きますが、良ければご覧ください!
(体調もイマイチで気分・気力とも伴わず外出できていません)

今回しっかり認識できたミユビシギ チドリ目シギ科 L19cm
ハマシギに比してやや小柄で嘴が短く、後趾(第1趾)がありません。
手持ちの図鑑と照合してみたら、第一回冬羽の個体のようだが・・・
d0283373_15461111.jpg
d0283373_15462358.jpg

ハマシギの群れにまとまったミユビシギ、一部休憩モードです
d0283373_15463823.jpg
d0283373_15464656.jpg

水浴び後のジャンプ
d0283373_15472944.jpg

こちらがじっとしていたら、足元まで寄ってきます。
d0283373_15474089.jpg
d0283373_15474955.jpg

総じてシギチ類の冬羽は地味ですね。
このミユビシギの夏羽見てみたいものだ。

          お知らせ

現在(11月16日より)来年2月下旬まで狭山池の駐車場並びに
遊歩道への立ち入りが禁止されています。
来年狭山池築造1400年を前に諸施設の改造が行われているようです。

と言うことで、今から楽しみな冬鳥の観察ができません。

セイタカシギもその後1羽帰ってきたという情報もありますが気になるところです。
池干し作業も進んでいて、相当広い面の池の底が見えています。
国道202号線に架かる狭山池橋のところから辛うじて池の様子が分かる程度かな

私も早くリハビリのウォーキングを開始しなければいけないのに
この間の代替コースをどこにするか決めかねているところなのです。


by massie2013 | 2015-11-24 17:00 | 野鳥:シギ科 | Comments(2)

ハマシギ集団飛翔


11月11日(水) 三番瀬船橋海浜公園 天候晴れ 大潮(満潮5時、16時 干潮10時半)

満潮から約2時間後次第に干潟が姿を見せ始め
気が付いたら西側にハマシギの群れが到着していた。
d0283373_17163630.jpg

そして、この群れはとにかくよく飛び回る!
d0283373_17254143.jpg

d0283373_1726675.jpg

d0283373_17263476.jpg

更に潮が引くと新しい干潟に移動して・・・
d0283373_1730423.jpg

それからもよく飛ぶわ
d0283373_17315391.jpg

d0283373_17322275.jpg


同じような画像が続きますが
by massie2013 | 2015-11-23 19:30 | 野鳥:シギ科 | Comments(0)

最初に出迎えてくれたのはシロチドリ


11月11日(水) 三番瀬船橋海浜公園 天候晴れ 大潮(満潮5時、16時 干潮10時半)

6時20分過ぎ到着 機材をセットして浜辺で朝食
6時34分 浦安市墓地公園の手前に貨物船が入ってきた。
船首の先に見える四阿まで、美浜公園から約3キロ、
三番瀬を堤防内側から臨む絶好のポイント、良く往復したものだ。
d0283373_1654647.jpg

貨物船の手前の細い横一線の帯、スズガモの群れです。
アサリ獲りの小舟も早くも出て作業中。
d0283373_16541723.jpg

潮が引き始めた浜辺で、最初に出会ったのはシロチドリだ
d0283373_16542860.jpg
d0283373_16543949.jpg
d0283373_16544859.jpg

潮が引いた直後の砂浜、誰の足跡がないところを歩くとルンルン気分一杯!

次のハマシギの群れが飛んで来るのを待ちましょう。

by massie2013 | 2015-11-22 17:30 | 野鳥:チドリ科 | Comments(0)

伊勢志摩方面プチジャーニー


タイ・カオヤイの友人ご夫妻を案内して伊勢志摩方面のプチジャーニーを楽しんできました。
初日(18日)は家を出たときは、曇り時たま小雨でしたが
定番の伊勢神宮とおかげ横丁では相当強い雨にあいました。

雨天では撮影のテンションが下がったままで、体調不良もあってTG-3で少しの記念写真だけ。

伊勢神宮に奉納している三重の清酒メーカーが一目で分かる展示場。
1区画20個合計80個の菰ダルが並んでいますが、1社で2~3個展示してあるものもあり
総計では何社になるんでしょうね?(今、それを確認する気力がなくて済みません)
d0283373_17522761.jpg

松阪市に2年ほど住みましたが、メーカーを意識して飲んだことのある三重県産のお酒は『鉾杉』ぐらいかな。

そうそう、伊勢神宮の個人的な想い出は、長女のお宮参りに来たことですね。
ちょうどフランス人の観光客が、義母が抱いている孫の顔を覗き込んで
フランス語で(多分?)いろいろ話しかけられた困惑した義母の様子です。

当日は雨に負けて早々にホテル入り
19日は前日とうって変わって晴天、小春日和だわ!
ホテルの部屋から英虞湾の日の出、雲が多くてイマイチ。
d0283373_18321170.jpg

来年の賢島サミット会場の下見に・・・、という訳にはいきません。
で、横山展望台から英虞湾方向を望む。奥中央左辺りが賢島??
d0283373_18332764.jpg

サミットを契機に地域の発展が継続すると嬉しいのですが・・・

そこから太平洋を望む波切漁港・大王崎灯台へ
小春日和の穏やかな日になって本当に良かったわ!
d0283373_18391433.jpg

なお、英虞湾クルーズも楽しんだが、船長さん曰く海上での事故の救助要請は「118」だそうです。
山の事故は時期にもよるが目玉が飛び出るほど救助費用が掛かるか
海では『只:無料」・・・、へぇ~そうなんだ。覚えておこう!
d0283373_18432222.jpg


帰り道『天の岩戸(江利原の水穴)』に立ち寄ってみた。
天の岩戸の所在地は、天上説、地上説、作為節等々いろいろあるらしい(初めて知った)
パワースポット的な雰囲気のある場所でしたね。
d0283373_19215466.jpg


これでプチジャーニーはお終い!友人夫妻に喜んで頂けてホストの私たちも嬉しい限り。

本日は、橋本方面へ柿などの買い出しや義兄の友人の所属している写真クラブの写真展を鑑賞してきました。
最近は毎年訪れていますが、いずれも力作でレベルの高いものでした。
中でも、絶滅危惧種一類のシジミチョウを集めた作品、日本全国で撮られたもの。
昨年末淀川河川敷で見られたコミミズクの写真やカンムリカイツブリのおんぶ姿などは
私のジャンル?なので興味深く拝見できました。

今月は1日から始まった各種イベントで、東奔西走!走行距離約2500キロメートル!
疲れが貯まってきたのか原因不明の体調不良に悩まされています。
自分では平気だと思っているのですが、寄る年波には勝てそうにもありません。
現状は75%程度まで体調が戻って来ているし、年末・年始の次のイベントまで
予定はないので、明日からボチボチリハビリを兼ねて鳥観に出掛けたいと思います。
26日にはOM-D E-M1のカメラ内深度合成が出来るようになり、期待大です。
これからもどうぞ宜しくお願いしします。


by massie2013 | 2015-11-21 19:30 | その他 | Comments(0)