人気ブログランキング |

<   2014年 05月 ( 36 )   > この月の画像一覧

オナガバチのお宿が切られてしまった


昨年6月から観察を始めたオナガバチ達のお宿の
立ち枯れエノキが地上50センチほど残して切られてしまった。
d0283373_16584273.jpg

この枯れ木にはオナガバチの仲間の他に
ヒラアシキバチやタマムシ、カミキリムシなど
多数の昆虫が生息しているはずです。

私はこの木の中で繰り広げられている寄生するものされるものの攻防を
輪切りにしてでも見たいと思っていたのですが
実際に切断された断面を見て、私には手も足も出ないと感じました。
d0283373_1792648.jpg

切断された時期は今年2~3月のようですが
垂直方向の穴が多数あり、殆ど白い硬い粉で埋まっていて
これらが何かさっぱりわかりません。水平方向の穴が
意外と少ないという印象でした。
木の中を診断するMRIのようなものはないんでしょうかね?

間もなくオナガバチの仲間も出現してくるでしょう。
これからの長丁場、できるだけ丁寧に観察してみたいと思います。

気分転換にお花をどうぞ!
d0283373_1719926.jpg

d0283373_17191651.jpg
d0283373_17192211.jpg
d0283373_17192918.jpg


by massie2013 | 2014-05-31 17:30 | オナガバチの仲間の観察 | Comments(0)

目線でサンショウクイ


本来野鳥撮影の合間に虫探しが、今は主客転倒!
フォトパスの虫コミュ・みんなで作る作品展用の撮影が当分続きます。

国内ではなかなか縁のなかったサンショウクイですが
先般鳥友に教えて頂き、撮りに行ってきました。
巣作りに励んでいるとかでクモの巣の糸を集めていたようです。

皆さんのように格好良くいきませんでしたが
まあライファーですし、良い記念写真となりました。
はい、同行して頂いた皆さんに感謝!!
d0283373_8474647.jpg

d0283373_8475233.jpg
d0283373_8475860.jpg
d0283373_848397.jpg

by massie2013 | 2014-05-30 09:00 | 野鳥:サンショウクイ科 | Comments(0)

ユキノシタの花とアブ


ユキノシタの花が満開でヒラタアブの仲間が吸蜜にきていました。
こやつはホバリングしてくれるので
飛翔撮りにはうってつけの対象なんですが何せ小さい(10mm前後)。
d0283373_5472616.jpg

ユキノシタの花って不思議なフォルムでとても可愛い!
d0283373_5491033.jpg

久し振りに、ユキノシタの花言葉
『愛情』、『好感』、『切実な愛情』、『軽口』、『無駄』だとか。
d0283373_552534.jpg

d0283373_5521532.jpg
d0283373_5522893.jpg

これはハエのなかまです。アブもハエ目ですから・・・。
d0283373_5531759.jpg


by massie2013 | 2014-05-29 06:00 | 昆虫04:ハエ目 | Comments(2)

ムシヒキアブの仲間


アブの活動も活発になってきました。
トラフムシヒキだと思いますが、・・・・?
d0283373_858697.jpg

よく見たら何か獲物を捕まえて食事中のようで
獲物は立派な触角の持ち主のようですが
羽ありアブラムシかな?
d0283373_8594532.jpg

食事中の時は意外と近寄れます。
d0283373_903125.jpg

顔じゅう複眼といった風情!

by massie2013 | 2014-05-28 09:30 | 昆虫04:ハエ目 | Comments(0)

コムラサキでした!


初めて見たというか認識したチョウです。
昨夜の雨で湿った地面で吸水中かな
光線の加減で紫色に光って見えます。
d0283373_20434051.jpg
d0283373_2043489.jpg

翅の裏面も見れましたわ。
d0283373_2044133.jpg
d0283373_20442084.jpg

幼虫の食草は、シダレヤナギ、コゴメヤナギなど、ヤナギ科の植物だとか

一方、オオムラサキの幼虫の食草はエノキ。
国蝶であるオオムラサキにお目にかかりたいですね。
この公園にもエノキの大木が結構あるので期待しているんですが・・・

そうそう、この時もテングチョウが集団で吸水していました。
d0283373_20495438.jpg

テングチョウがこんなにいたなんて、ちっとも知らなかったです。
今まで見えていなかったものが少しづつ分かるようになってきたということかな。

by massie2013 | 2014-05-27 21:00 | 昆虫02:チョウ目 | Comments(0)

ノアザミとゴボウゾウムシ


やっとゴボウゾウムシに出会えた
農作業小屋の縁に一本だけ残っていたノアザミの花で。
足場が悪くて狙い通りのアングルがとれません。
d0283373_9573662.jpg
d0283373_9574229.jpg

いつも行く公園や原っぱで雑草がちょっと伸びたと思ったら
即座に根こそぎ刈り取ってしまうので、見た目は綺麗だが
虫たちには気の毒だなぁ~とつい残念に思ってしまう。
ノアザミぐらいは残しておいてほしいものだが・・・!

ヤブキリの幼虫も順調に成長しているようです。
d0283373_1043952.jpg


by massie2013 | 2014-05-26 10:10 | 昆虫01:コウチュウ目 | Comments(0)

ルリオトシブミかな?


今年は例年になく簾のごとき毛虫の大発生で少し敬遠していたが
ようやく視野に入ってくるものが少なくなって虫探しができるようになった。

イタドリの葉っぱの上で小さなコウチュウの仲間発見!
先にイタドリの葉っぱで揺籃を作るオトシブミが
いることを知っていたので、期待を込めて撮りました。
d0283373_1901462.jpg

帰宅してから先般購入した『オトシブミハンドブック』で調べたら
どうやらルリオトシブミ、大きさ3.8~4.2mmのようだ。
微妙に風があって撮影に難儀しましたわ。
風が収まった瞬間を狙って撮りましたが・・・。
d0283373_1973894.jpg

揺籃を作るのは♀の仕事のようです。彼女の作品がこれ!
d0283373_1985291.jpg

この揺籃も約30分後別の場所から戻ったみたら
もとの位置にはなかった。

別の揺籃、径は約3mm、長さ約5~6mmの俵型
突然アリが侵入してきて
d0283373_19185699.jpg

警戒しつつ揺籃を切り落としたようだ。
d0283373_1919319.jpg

マクロ撮影では風による揺れが大敵!
それでなくても被写界深度が浅いので、とにかく辛抱です。
ここまで2時間ほどの撮影でした。あーあ、疲れました!!

このところ、昆虫撮りは OM-D E-M1+M.ZD60mmMacro です。

by massie2013 | 2014-05-25 20:00 | 昆虫01:コウチュウ目 | Comments(0)

ラブラブなカップルたち


クロボシツツハムシ  体長約5mm
d0283373_1947996.jpg

コイチャガネ 体長約10mm
d0283373_19484255.jpg

ハムシの仲間、後方はハナムグリ?
d0283373_19492557.jpg

ヤマサナエの変形ハートマークだ!
d0283373_19495986.jpg

ホソミオツネントンボ ♀ 産卵中
首根っこを♂に掴まれて・・・
d0283373_19505137.jpg


by massie2013 | 2014-05-24 20:00 | 昆虫01:コウチュウ目 | Comments(2)

勝者は?


これが現実です。生き残るために・・・!

オオイシアブ
d0283373_19234293.jpg

コハナグモかな?
d0283373_19243279.jpg

OM-D E-M1+MZD60mm

by massie2013 | 2014-05-23 19:30 | 昆虫04:ハエ目 | Comments(0)

ウマノオバチ、ひょっとして産卵中?


ウマノオバチの続きです。

産卵場所を探してか、小さなあの上に来ました。
後から気付いたのですが、穴の中から触角のようなものが覗いています。
d0283373_8534955.jpg

穴の中を覗き込むも、先ほどの触角は見られない。
d0283373_8535645.jpg

しばらくして、穴から逆向きで頭だけ少し出して
これって木からの脱出なのかなと思って見守ることに
d0283373_854411.jpg

体を90度捩じって半分ほど見せる
d0283373_8541074.jpg

更に体を捩じって出てきたが、実はこれでお仕舞だった。
d0283373_8541661.jpg

そして、今度は後進して穴の中に隠れてしまった。
今思うに、木からの脱出ではなく、産卵中だったのではないかと。

その後1時間ほど監視するも変化なし。
翌日、そして1週間後様子を見に行ったが
ウマノオバチの姿はなかった。
ということで、ますます気になる存在になりました、ウマノオバチさん!

by massie2013 | 2014-05-22 09:30 | オナガバチの仲間の観察 | Comments(0)