マッシーの四季折々Ⅱ

massie2013.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:「きぼう/ISS」( 12 )


2018年 11月 11日

今朝の「きぼう/ISS」の関連


JAXA情報では大阪狭山市でも今朝5時28分ごろ仰角14度で観察できるとのことで
雲指数も良好で月明かりも影響しないという絶好の環境だったのでいつもの場所で待機した

が、「きぼう」は生憎観察することはできなかった
今まで何度か観察に出掛けているが確認できなかったのは初めて!
「なんで?????」

この時の周回軌道は丁度札幌の真上を通過しているはずだが
以前ここ狭山池でも仰角15度の「きぼう」を見たことがあるので・・・

それからもう一つのイベント、補給船「こうのとり7号」が6時40分ごろ
大気圏に再突入し小型回収カプセルの回収を試みるとのことだったので
引き続き日の出をインターバル撮影しながらウォッチしたがなんの変化もなかった

帰宅後WEBで「こうのとり7号」が6時38分ごろ大気圏に再突入
回収カプセルは小笠原・南鳥島沖に着水したとの速報があった

詳細は引き続きウォッチしていきたいと思います

ということで、「きぼう」の光跡は無いのでその前に撮った北天の星グルグル
d0283373_1136554.jpg

第一象限におおくま座(北斗七星)がクッキリと
ポラリスを挟んで反対側にカシオペア座かな

日の出前 6時ごろ
(龍神社の?)龍のような形をした黒い雲が右方向に流れている
明けの一番星がクッキリと見えています
d0283373_11435346.jpg



日の出 6時50分ごろ 大和葛城山の頂上付近から顔を出す
d0283373_1145322.jpg


(タイムラプス動画はのちほど追加します)

狭山池に出掛ける前に撮ったオリオン座と冬の大三角
d0283373_11504477.jpg


追記

回収カプセルの回収に成功!!

「こうのとり」7号機(HTV7)大気圏再突入完了と小型回収カプセルの回収にあたって

JAXAの技術も凄いが回収カプセルを作ったタイガー魔法瓶もすごいなぁ~
まるで『下町ロケット』の〇〇みたい

by massie2013 | 2018-11-11 12:00 | 「きぼう/ISS」 | Comments(0)
2018年 10月 28日

今朝のきぼう


ずーっと気にしていたきぼう

今朝もいつもの狭山池に出掛けて観察

寒いです!
3日前までカオヤイで半袖・半ズボンで過ごしていたので
日本の秋の寒さが堪えます

今日は4時40分南南東から北東へ3分間の光跡です(仰角56度)
d0283373_7162624.jpg


by massie2013 | 2018-10-28 07:30 | 「きぼう/ISS」 | Comments(2)
2018年 10月 09日

10月8日の「きぼう」/ISSの光跡


当日の観察の目安は△(最大仰角15度)であったが
どんな具合に見えるのか確認の意味で狭山池まで出掛けてみた

「きぼう」/ISSの通過時間は18時50分ごろ
生憎白い雲が結構かかっていてどうなるかと危惧したが
何んとかその光跡が記録できた

いつもは8mmFisheyeレンズを使うところだが
今回は焦点距離10mmほどで試撮してみた
d0283373_16331374.jpg


その後しばらく待つと雲が切れてきて新月の前日なので星グルグルに絶好かとふんで
12mmレンズで約60分連続してグルグルの撮影を行った
d0283373_16405867.jpg

撮影時刻が19時~20時ごろなので、なんと飛行機の多い事
星の数も期待したほどは多くなくて、また設定などに疑問を残したな!

ということで、仰角15度と35度の位置関係、後日のために記憶しておきたい


「きぼう」/ISSに関しては、先般日本の補給船「こうのとり」に乗せて
打ち上げた日本産の野菜や果物が届いたとYouTubeで公開されていたよ!

北海道のタマネギ、岡山県産のシャインマスカットなど

宇宙食ってどんなメニューか、料理方法も知らないけれど
新鮮な果物や野菜が食べられると嬉しいだろうなと・・・

by massie2013 | 2018-10-09 17:30 | 「きぼう/ISS」 | Comments(0)
2018年 09月 26日

「きぼう」/ISSと星グルグル


帰省先でヒガンバナと北天の星のグルグルを撮っていた時
全く予想していなかった「きぼう」/ISSが画面に入って来て大興奮!!
9月22日19時40分過ぎの出来事です

左側から画面中央付近まで右肩下がりに伸びている白線が「きぼう」/ISSの光跡

d0283373_17411030.jpg

飛行機の光跡が何本も入っていて賑やかな画像になりましたが
「きぼう」/ISSが見られる時間帯に飛行機が飛んでいない場所なんて限られるだろうし
これはこれでリアルで満足できる記録になったと思います♪


こちらは同時刻に北西の方向で撮影した「きぼう」/ISSの光跡
ライブコンポジットですが、どういう訳かSSの設定が利かなくなり露出不足です
d0283373_19123577.jpg


次は翌日23日18時50分ごろ狭山池から撮影した画像です
d0283373_17412496.jpg

雲が多くてどうなるかと危惧しましたが雲の切れ間からの光跡が記録できました

ちょうどその日(9月23日)午前2時52分にISS物資補給機「こうのとり7号機」が
種子島宇宙センターから打ち上げられ成功した日でもありました。

今回の「こうのとり」の積み荷を調べてみたら
・ISSの主電源となる日本製リチウムイオンバッテリー
・宇宙エレベーターの実験を行う静岡大学の超小型衛星
・宇宙実験の試料を回収するための小型カプセル
・飛行士の食料など・・・・過去最大の6.2トンの物資
とのことで、特に試料回収カプセルの無事な回収成功を祈ります

そして宇宙エレベーターのことも興味津々だが・・・
目標達成年度が2050年か、ウーンだな!

もうひとつ気になることが・・・、
「きぼう」/ISSの運用が6年後にも打ち切られる可能性があるらしく
当地で観察できる機会も意外と少なくて、それも天候に左右されるので
今後とも時間の許す限り「きぼう」/ISSをウォッチしていきたいと思います

by massie2013 | 2018-09-26 06:00 | 「きぼう/ISS」 | Comments(2)
2018年 09月 19日

今日も「きぼう/ISS」


今日の「きぼう/ISS」は(大阪で)

雲の状況も先ず先ずのようで、行くしかないよねと・・・

「きぼう/ISS」の見える方向は南東で仰角54度
d0283373_19124219.jpg

ほぼ真上を通過して行った感じ・・・

薄く見えるオリオン座の中を通ってシリウスの下を通過して行った

そう言えばもう冬の大三角が見えるんだ
オリオン座の赤い1等星ベテルギウス、その下の星空の中で一番明るいおおいぬ座のシリウス
そして、ベテルギウスの左にあるこいぬ座のプロキオン・・・、やっと覚えられました(笑)

by massie2013 | 2018-09-19 20:00 | 「きぼう/ISS」 | Comments(0)
2018年 09月 18日

今朝のきぼう


今朝の「きぼう」は大阪で〇(観察しやすい日)だった
幸い雲もなくてくっきりと見えました♪

イベント     時刻       方位角  仰角
見え始め    04:55:30  西北西  12
仰角最大    04:58:30  南西    35
見え終わり   05:01:00  南南西  12

d0283373_19271653.jpg

第二象限にオリオン座の星とシリウス?かな

雲が少ないということは平凡な夜明け
d0283373_1928517.jpg

星を見るには雲が無い方がいいし
夜明けや夕焼けは適度に雲があった方が見映えする
人間って勝手なもんだ(自分の事です)

by massie2013 | 2018-09-18 20:00 | 「きぼう/ISS」 | Comments(0)
2018年 08月 29日

今朝の「きぼう」/ISS


日本最古のダム式ため池:狭山池より
ライブコンポジット 2秒 15分間
希望・ISSの飛行は4時30分~4時35分(見えている時刻)
画面右(南西)から左(北東へ)移動

d0283373_6235817.jpg


右上の白い太い光跡は月齢17.7のお月さん

南東にレンズを向けて試し撮り中にオリオン座の存在に気付いた
画面中央やや下で並んだ3つの星


希望を見よう」からの引用
「きぼう/ISS」は90分で地球を一周しています。
「きぼう/ISS」は発光しないので、日没後と日の出前の2時間くらいの間に
太陽の光を受けているときに見ることができます。

そして地球自体が自転していることやその他もろもろの条件により
「きぼう/ISS」の軌道は毎日違っているそうです。

今度北天の方向を飛ぶことが有れば星のグルグルと合せて撮りたいですね。
(そんな軌道はあるのかなぁ??)
過去ログみたら北天方向を通過する場合がありました。
機会は相当少なそうですが・・・。待ちましょう!!

by massie2013 | 2018-08-29 07:30 | 「きぼう/ISS」 | Comments(0)
2018年 08月 11日

久し振りにISS(8/10)


孫たちに肉眼でISSを観察してもらおうと狭山池に案内して

まだブールーメントが残る空に何とかISSの光跡を記録できた
d0283373_5471421.jpg

彼らはそれぞれにLiveでISSの飛行を追尾して感動していたようだが・・・

Granddaughterはスマホでタイムラプス動画をと
私の三脚にひっかけて撮ろうとするが無理無理!

Grandsonsは撮影中に三脚に触ったりして(私から)叱られたり
暗い中でバッタなど虫を探して落ち着きがない

とまあ、ジイジの趣味を押し付けた感があるが
彼らにとっても初めての経験、今夏の思い出に残ってくれたらいいな!

by massie2013 | 2018-08-11 06:10 | 「きぼう/ISS」 | Comments(0)
2018年 07月 03日

7月3日のきぼうの光跡


ようやく巡ってきたきぼう/ISSの観察に適した日(大阪で◎)

AM3:27~3:30に南方にレンズをセットしてライブコンポジットで
月齢19.4の半月が出ていて、雲の出現も多くどうなるかなぁ~と危ぶまれたが
きぼう/ISSは予想外に目視で明るく見えて感動しました102.png
画面全体がモノクロっぽくなってしまい、綺麗ではありませんが・・・


d0283373_15110445.jpg


by massie2013 | 2018-07-03 16:00 | 「きぼう/ISS」 | Comments(2)
2018年 05月 04日

今朝の「きぼう」/ISS


今朝も「きぼう」/ISSの観測にいつもの狭山池南側に出掛けてきました。

今日の天空経路情報など
見え始め   03:37:00 西    仰角48度   距離 532km
仰角最大   03:37:30 北西   仰角60度   距離 462km
見え終わり  03:41:30 北東   仰角40度   距離 1311km

3時37分に照準を合わせて、10分ほど前から試し撮りをしていたら
北斗七星が綺麗に表れてきたので、そのままライブコンポジットで続行した。
d0283373_432431.jpg

西の空を見上げていたら、中空にISSが忽然と現れた
やはり感動して北の空に消えていくまで手を振り続けていた♪

そしてそのまま続行したかったが、白い雲の出現で断念。

今朝の月の月齢は18

余談
光速といっても実感がわかないが、秒速約30万キロメートルだから
ISSの反射光は瞬時に届いている訳だが・・・

地球と北極星との距離は430光年と言われている
ということは今地上で写っている北極星の光は、430光年も前のもの
そう考えるとそれぞれの星が愛おしく思えてくる♡

by massie2013 | 2018-05-04 05:20 | 「きぼう/ISS」 | Comments(0)