マッシーの四季折々Ⅱ

massie2013.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:「きぼう/ISS」( 18 )


2019年 01月 23日

1月22日の「きぼう」/ISS


南南西から南東オリオン座の上を通過して東北東へ

ゆっくりとくっきりと

約5分間のショー


d0283373_5495882.jpg


d0283373_55058.jpg


今週はISS観察ウィークなので
しつこく追いかけています(笑)

先般イプシロンで打ち上げられた衛星から
来年春人工の流れ星が見られるかもしれない

楽しみ!!

by massie2013 | 2019-01-23 06:00 | 「きぼう/ISS」 | Comments(0)
2019年 01月 22日

1月21日の「きぼう」/ISS


南西の空に忽然と現れて
約2分間の飛行で
フェードアウトしていった

左側の光跡は飛行機
消せばいいのだがリアルファーストなので・・・
d0283373_4474614.jpg


by massie2013 | 2019-01-22 06:00 | 「きぼう/ISS」 | Comments(0)
2019年 01月 13日

本年初めてのISS・・・(記録として)


「きぼう」/ISSの観察はGPV気象予報:雲の予測情報を見て出掛けるが
なかなか思い通りに行かなくてヤキモキしている

1月11日6時10分ごろ~北東の空
d0283373_76618.jpg

1月13日6時4分ごろ~南西の空
d0283373_77540.jpg

11日の雲予報は良くなかったので案の定という結果だったが
13日の雲予報ではとても良さそうに解釈したんだがご覧のとおり!

ISSの観測チャンスは月に数回とあまり多くないので
其の時は晴れで雲がない事を願うが上手くいかないのが世の常!

by massie2013 | 2019-01-13 07:30 | 「きぼう/ISS」 | Comments(2)
2018年 12月 25日

12月25日の「きぼう」/ISS



天空経路情報など(観測地 大阪 〇)
見え始め   6:19:30 西南西    仰角12度   
仰角最大   6:22:00 北西      仰角37度   
見え終わり  6:25:00 北北東    仰角13度 

という情報のもとで北西にレンズを向けて
6時06分から6時26分までライブコンポジットで
d0283373_17101432.jpg

西の空に月齢17.8の月がまだかかっていたが
夜明け前のブルーの空に予告通りISSがゆっくり飛行していった

ポラリスの高度(仰角)は観測地点の緯度と同じ
ここ関西(狭山池)で約35度だからポラリス上付近を通過したことになる




実はこの前に、星見には良い気象情報だったので
北天の星のグルグルを狙ってみました
4時25分~5時45分のライブコンポジット
d0283373_17213037.jpg

月の事をノーマークで誤算だったが、なんとかグルグルが撮れました

by massie2013 | 2018-12-25 18:00 | 「きぼう/ISS」 | Comments(2)
2018年 12月 24日

12月24日の「きぼう」/ISS どうもなあ!



天空経路情報など(観測地 大阪 〇)
見え始め   5:35:30 南南西    仰角12度   
仰角最大   5:38:00 南東      仰角33度   
見え終わり  5:43:00 南東      仰角11度 

という情報のもとで南東にレンズを向けてスタンバイ
5時30分ごろ試し撮りをしていたら
南から真上に向かってくる物体があって、これは一体なんだ??と
d0283373_8442019.jpg

これがひょっとしてISS?


ISSの予定時刻も仰角も大きく違うしと疑問をもったまま
レンズの向きなどそのままで引き続き星のグルグルを5時33分から撮っていたら
西の方向から明るく大きな物体がゆっくりと飛んできて
最初は飛行機なんかなぁと思って、まあいいかと20分グルグルを継続
d0283373_8564238.jpg

飛行時刻、仰角などからしたらISSに間違いないが
光跡に赤色が点在しているのがどうも気にかかる

朝から寝ぼけていたのだろうか、狐につままれたような気分だが
これはこれとして置いといて今後のISSの観察で検証してみよう!

その後6時過ぎ金星と木星が一緒に見れました
d0283373_98693.jpg


by massie2013 | 2018-12-24 09:30 | 「きぼう/ISS」 | Comments(0)
2018年 12月 15日

12月14日のきぼう/ISS


天空経路情報など(観測地 大阪 ◎)
見え始め   17:34:30 北西    仰角12度   
仰角最大   17:37:30 西南西   仰角86度   
見え終わり  17:40:30 南東    仰角12度 

ということでレンズをできるだけ天頂に向け
南西方向に構えて待っていた

見え始めの時間になってもISSの姿が見えず
気付いたときは北西方向の真上からこちらに向かって飛行している
これではレンズに入らないと即断して慌てて北西にレンズを向け直して撮影
なんとか間に合ったぞ!! 
d0283373_16164895.jpg
 
西の空には残照がありブルーの空にクッキリとISSが見えて感激!

散歩中の御婦人から「何を撮っているの?流星ですか?」と聞かれ
「イエ、イエ、人工衛星ですよ。あれが人工衛星」と指で示して教えてあげたら
「まあ、明るくて綺麗。ゆっくり飛んでいますね。見るのは初めて」と喜んでおられました。

90分で地球を一周。一日に16周するというISS。
ならばもっと観察の機会が多くても良さそうに思うが
ここ関西で観察できる機会はひと月に数回、意外と少ない。

どう周回軌道を変えているんだろう?
ISSではグリニリッジ標準時だろうが
昼夜は何処の国に合わせているんだろう?
など知らないことだらけ・・・、だから興味津々!!

by massie2013 | 2018-12-15 17:55 | 「きぼう/ISS」 | Comments(0)
2018年 11月 11日

今朝の「きぼう/ISS」の関連


JAXA情報では大阪狭山市でも今朝5時28分ごろ仰角14度で観察できるとのことで
雲指数も良好で月明かりも影響しないという絶好の環境だったのでいつもの場所で待機した

が、「きぼう」は生憎観察することはできなかった
今まで何度か観察に出掛けているが確認できなかったのは初めて!
「なんで?????」

この時の周回軌道は丁度札幌の真上を通過しているはずだが
以前ここ狭山池でも仰角15度の「きぼう」を見たことがあるので・・・

それからもう一つのイベント、補給船「こうのとり7号」が6時40分ごろ
大気圏に再突入し小型回収カプセルの回収を試みるとのことだったので
引き続き日の出をインターバル撮影しながらウォッチしたがなんの変化もなかった

帰宅後WEBで「こうのとり7号」が6時38分ごろ大気圏に再突入
回収カプセルは小笠原・南鳥島沖に着水したとの速報があった

詳細は引き続きウォッチしていきたいと思います

ということで、「きぼう」の光跡は無いのでその前に撮った北天の星グルグル
d0283373_1136554.jpg

第一象限におおくま座(北斗七星)がクッキリと
ポラリスを挟んで反対側にカシオペア座かな

日の出前 6時ごろ
(龍神社の?)龍のような形をした黒い雲が右方向に流れている
明けの一番星がクッキリと見えています
d0283373_11435346.jpg



日の出 6時50分ごろ 大和葛城山の頂上付近から顔を出す
d0283373_1145322.jpg


(タイムラプス動画はのちほど追加します)

狭山池に出掛ける前に撮ったオリオン座と冬の大三角
d0283373_11504477.jpg


追記

回収カプセルの回収に成功!!

「こうのとり」7号機(HTV7)大気圏再突入完了と小型回収カプセルの回収にあたって

JAXAの技術も凄いが回収カプセルを作ったタイガー魔法瓶もすごいなぁ~
まるで『下町ロケット』の〇〇みたい

by massie2013 | 2018-11-11 12:00 | 「きぼう/ISS」 | Comments(0)
2018年 10月 28日

今朝のきぼう


ずーっと気にしていたきぼう

今朝もいつもの狭山池に出掛けて観察

寒いです!
3日前までカオヤイで半袖・半ズボンで過ごしていたので
日本の秋の寒さが堪えます

今日は4時40分南南東から北東へ3分間の光跡です(仰角56度)
d0283373_7162624.jpg


by massie2013 | 2018-10-28 07:30 | 「きぼう/ISS」 | Comments(2)
2018年 10月 09日

10月8日の「きぼう」/ISSの光跡


当日の観察の目安は△(最大仰角15度)であったが
どんな具合に見えるのか確認の意味で狭山池まで出掛けてみた

「きぼう」/ISSの通過時間は18時50分ごろ
生憎白い雲が結構かかっていてどうなるかと危惧したが
何んとかその光跡が記録できた

いつもは8mmFisheyeレンズを使うところだが
今回は焦点距離10mmほどで試撮してみた
d0283373_16331374.jpg


その後しばらく待つと雲が切れてきて新月の前日なので星グルグルに絶好かとふんで
12mmレンズで約60分連続してグルグルの撮影を行った
d0283373_16405867.jpg

撮影時刻が19時~20時ごろなので、なんと飛行機の多い事
星の数も期待したほどは多くなくて、また設定などに疑問を残したな!

ということで、仰角15度と35度の位置関係、後日のために記憶しておきたい


「きぼう」/ISSに関しては、先般日本の補給船「こうのとり」に乗せて
打ち上げた日本産の野菜や果物が届いたとYouTubeで公開されていたよ!

北海道のタマネギ、岡山県産のシャインマスカットなど

宇宙食ってどんなメニューか、料理方法も知らないけれど
新鮮な果物や野菜が食べられると嬉しいだろうなと・・・

by massie2013 | 2018-10-09 17:30 | 「きぼう/ISS」 | Comments(0)
2018年 09月 26日

「きぼう」/ISSと星グルグル


帰省先でヒガンバナと北天の星のグルグルを撮っていた時
全く予想していなかった「きぼう」/ISSが画面に入って来て大興奮!!
9月22日19時40分過ぎの出来事です

左側から画面中央付近まで右肩下がりに伸びている白線が「きぼう」/ISSの光跡

d0283373_17411030.jpg

飛行機の光跡が何本も入っていて賑やかな画像になりましたが
「きぼう」/ISSが見られる時間帯に飛行機が飛んでいない場所なんて限られるだろうし
これはこれでリアルで満足できる記録になったと思います♪


こちらは同時刻に北西の方向で撮影した「きぼう」/ISSの光跡
ライブコンポジットですが、どういう訳かSSの設定が利かなくなり露出不足です
d0283373_19123577.jpg


次は翌日23日18時50分ごろ狭山池から撮影した画像です
d0283373_17412496.jpg

雲が多くてどうなるかと危惧しましたが雲の切れ間からの光跡が記録できました

ちょうどその日(9月23日)午前2時52分にISS物資補給機「こうのとり7号機」が
種子島宇宙センターから打ち上げられ成功した日でもありました。

今回の「こうのとり」の積み荷を調べてみたら
・ISSの主電源となる日本製リチウムイオンバッテリー
・宇宙エレベーターの実験を行う静岡大学の超小型衛星
・宇宙実験の試料を回収するための小型カプセル
・飛行士の食料など・・・・過去最大の6.2トンの物資
とのことで、特に試料回収カプセルの無事な回収成功を祈ります

そして宇宙エレベーターのことも興味津々だが・・・
目標達成年度が2050年か、ウーンだな!

もうひとつ気になることが・・・、
「きぼう」/ISSの運用が6年後にも打ち切られる可能性があるらしく
当地で観察できる機会も意外と少なくて、それも天候に左右されるので
今後とも時間の許す限り「きぼう」/ISSをウォッチしていきたいと思います

by massie2013 | 2018-09-26 06:00 | 「きぼう/ISS」 | Comments(2)