マッシーの四季折々Ⅱ

massie2013.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 09日

10月8日の「きぼう」/ISSの光跡


当日の観察の目安は△(最大仰角15度)であったが
どんな具合に見えるのか確認の意味で狭山池まで出掛けてみた

「きぼう」/ISSの通過時間は18時50分ごろ
生憎白い雲が結構かかっていてどうなるかと危惧したが
何んとかその光跡が記録できた

いつもは8mmFisheyeレンズを使うところだが
今回は焦点距離10mmほどで試撮してみた
d0283373_16331374.jpg


その後しばらく待つと雲が切れてきて新月の前日なので星グルグルに絶好かとふんで
12mmレンズで約60分連続してグルグルの撮影を行った
d0283373_16405867.jpg

撮影時刻が19時~20時ごろなので、なんと飛行機の多い事
星の数も期待したほどは多くなくて、また設定などに疑問を残したな!

ということで、仰角15度と35度の位置関係、後日のために記憶しておきたい


「きぼう」/ISSに関しては、先般日本の補給船「こうのとり」に乗せて
打ち上げた日本産の野菜や果物が届いたとYouTubeで公開されていたよ!

北海道のタマネギ、岡山県産のシャインマスカットなど

宇宙食ってどんなメニューか、料理方法も知らないけれど
新鮮な果物や野菜が食べられると嬉しいだろうなと・・・

by massie2013 | 2018-10-09 17:30 | 「きぼう/ISS」 | Comments(0)


<< セイタカシギ      グランドレベルから関空離発着便... >>