マッシーの四季折々Ⅱ

massie2013.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 05日

キツネノマゴの花とブルー・ビー


幸せを探しにこちらからブルー・ビーに会いに出かけた(笑)

このフィールドではオミナエシやミソハギやアキノタムラソウで吸蜜しているのが定番だった
オミナエシはシーズン前に刈り取られて姿なし、アキノタムラソウは既に枯れてシーズンオフ
ミソハギはまだ咲き揃っているが、どういう訳かこのごろミソハギを見向きもしない
なんでだろう??例年ならミソハギでも吸蜜している頃なんだが・・・

で、直近はこの小さなキツネノマゴの花に訪れている
d0283373_432131.jpg

d0283373_4323464.jpg
d0283373_4325066.jpg
d0283373_433520.jpg

キツネノマゴという名前の由来を知りたくてWEBでいろいろ調べてみたが
どうも定説といったものが見つからない

良く見かけたのが『花穂の紡錘形の形を狐の尻尾に見立て、ポツンポツンとつく
小さな花を、まとわりつく孫に例えたという説、花穂を子狐の尻尾に見立てた説
花の形が狐の顔を思わせるからなど諸説があるようですが、さてさて?!

しからばその花穂と花をクローズアップして
d0283373_4453429.jpg

d0283373_4454785.jpg

なるほど、花穂(かすいと読むんですね!)は、狐の尻尾に見えなくもないが
花の形の方は何とも言えんなぁ~という印象、皆さんはどう思われますか?

☆★☆お知らせ☆★☆

今日からしばらくPC環境から離れますので申し訳ありませんがご了承ください

by massie2013 | 2017-09-05 07:00 | 昆虫03:ハチ目 | Comments(0)


<< ハラアカハキリヤドリ      山のアオバト >>