人気ブログランキング |

今日のナミハンミョウ


日影に入った時のナミハンミョウを狙って撮ってみた。

直射日光下の色合いよりも少しマイルドになった気がするが・・・

1枚目は深度合成前、2枚目は深度合成後

いつもはボーレート風にまとめるときは絞りを開放サイドにしているが
この時は何故かF11まで絞り込んでいた。

今シーズン、ナミハンミョウの撮影を数回試みたが
現行の機材と私の腕ではこれが精一杯だな。
後は『40Mハイレゾショット』に期待したいところだ。

d0283373_11282616.jpg

d0283373_11283616.jpg
d0283373_11284571.jpg
d0283373_11285750.jpg

OLYMPUS E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 IS PRO, 1.4x Teleconverter MC-14

で、ナミハンミョウの『生活史』だが、
初夏に成虫が産卵管で地面に穴を開け、1卵ずつ産みつける。幼虫で越冬し
3回の脱皮を経て蛹(サナギ)になり、翌年または2年目の夏ごろに成虫になる。
冬は成虫で、土中で集団越冬する。
とあるが、分かったようでイマイチ分かりづらい。

そこで、図書館で児童用図書の中から
『ハンミョウ (写真/栗林慧 総合監修/日高敏隆)』 発行/株式会社アスク
にハンミョウの生活史が解説してあるのを見つけて、少しだけ理解が深まった。

ポイントは
①前年の夏(8~9月)に出現した新成虫は、成虫のまま越冬して翌年の5~6月ごろ
 交尾をして産卵し、その後雌雄とも寿命が尽きて死んでしまう。
②この卵は、産卵後10日から3週間ぐらいで孵化、幼虫が誕生し(6~7月ごろ)
 土中に潜ってエサ獲りしながら脱皮を繰り返して(1齢→2齢→3齢)成長する。
③3齢幼虫で越冬し、翌々年春になると再びエサを獲るようになり、栄養を蓄えた7~8月ごろ
 巣穴の入り口を土でふさぎ、穴の中でサナギになる。サナギの期間は約一か月。
④巣穴で羽化(サナギから成虫への変身)したのち、2~3日で地上に初めて出てきます。
  8~9月のことで、新成虫の誕生です!
⑤そして、この新成虫が越冬・・・、①に戻ります。


ということで、卵から成虫の初夏の産卵まで、少なくとも2年かかります。
(幼虫時代にエサが十分獲れないと成虫になるまで3年、4年とかかる個体もいるらしいぞ)

が、この現場では8月ごろに出現した新成虫(多分)の活動しか見ていない。

何処で成虫が越冬しているのか、産卵場所がどこかなど謎が一杯で眠れそうにもない(笑)

地上に出たハンミョウは、自分が育った巣穴の周辺で狩りを始めるらしい。
という事は、巣穴はそう遠くないはず・・・。

また、越冬成虫が活動するという5~6月ごろここでまだ見たことない。
まあ、これはその頃注意して観察していないことに通じるが。

そうそう、この時期も今年生まれの幼虫が近くで育っているはずだ。

さてさて、この先ハンミョウの生活史にどう踏み込めばいいのか、思案のしどころだな!

ということで、ナミハンミョウのことなんでもお知らせいただければ嬉しいです。

by massie2013 | 2016-09-03 19:30 | 昆虫01:コウチュウ目 | Comments(4)
Commented by のんちゃん at 2016-09-04 15:18 x
Commented by のんちゃん at 2016-09-04 15:15 x

こんにちは。

美しすぎるナミハンミョウ、今回も素晴らしいですね。
完璧な画像に惚れ惚れです。
そして彼らの生活史も教えて頂きフムフムそうなんだと、知らないことを知るのは楽しいと感じました。

フォトパスに丁寧なコメント有難うございました。
皆さんのブログを拝見し、今年こそは撮りたいと思っていました。
写真はイマイチですが念願かなって嬉しかったです(*^_^*)
明日はオリンパスの無料クリーニングに行ってきます。
台風が心配(笑)
Commented by massie2013 at 2016-09-04 17:48
のんちゃん こんにちは~

最大級の賛辞を頂きまことに嬉しく思います。どうも有難うございます。
毎回撮り方を工夫していますが、どうやらこれが限界のように思います。
フルサイズ並みの解像度が得られるという『40Mハイレゾショット』の事を書きましたが、実はのんちゃんにE-M5Mk2で試してもらいたいと思って。
E-M1にハイレゾショットがバージョンアップで追加されればいう事なしですが。

ハンミョウの生活史ははしょって書いていますが、1齢幼虫の生存率って相当低いそうです。
土中に穴を掘って、穴入り口の周囲に近付く獲物を待つという狩りの方法ですから、効率悪いし、そもそも1齢幼虫に適した獲物も少ないだろうし・・・。
不思議が一杯で、引き続き観察を続けていこうと思います。

ブルービー ルリモンハナバチのアルバム素敵でした。昆虫のワンダーランドへの扉が開かれました。
昆虫の仲間が増えると嬉しいです。一緒に楽しんで参りましょう。宜しくお願いします。


Commented by のんちゃん at 2016-09-04 20:48 x
こんばんは、マッシーさん。

ハイレゾショットはマクロだけが適していると思っていたのですが風景や夜景も適していることが分かりました。
きちんと三脚を使って高精細表現にトライしてみたいと思います。
E-M1 Mark2の発売は手持ちでも大丈夫なハイレゾショットが搭載されるとの噂です(笑)

余談ですが、フォトパスの「海外旅行で見た風景」フォトコンでカンボジアの写真が佳作に入っていました。
こんなの応募したっけ、と思うぐらい忘れていましたがちょっぴり嬉しかったです。

これからもお互いに写真ライフ、楽しみましょう♪
Commented by massie2013 at 2016-09-05 04:33
のんちゃん お早うございます~

お忙しい中当方の勝手な注文にお答え頂きまことに有難うございます。
E-M1 Mark2のうわさを聞いていますが、今のところE-M1で十分です。Mark2が出たらすぐ購入ということには、経済的にも年齢的な面からも無理だと思います(笑)。

「海外旅行で見た風景」フォトコンでカンボジアの写真が佳作に入選されたとのこと、素晴らしいですね。まことにおめでとうございます。
先ほど拝見しましたが、もともとフォトパスギャラリーに投稿されたカンボジア編アルバムとは違う作品ですね。
応募総数約3000の中の佳作ですから凄いです。いろいろなジャンルに、そして新しい技術を取り込んで日々レベルアップされているのんちゃんホント凄いです。
これからもますますご活躍のほど楽しみにしています。
<< ルリモンハナバチ ヤマトシジミ >>