マッシーの四季折々Ⅱ

massie2013.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 17日

ツノアオカメムシ美しいぞ!


お山の頂上で昼食後、時計のある場所で下界を見ていたら
「あっ、カメムシ。臭い奴」とか「取って、取って」と言う声が聞こえてきた。

そして、男性の胸ポケットに付いていたカメムシを女性の方が叩き落として・・・
こういう時も女性の方が何かと強いみたい・・・(笑)

「ねっ、お願い。その子を踏みつぶさないで」と喉まで出掛けた声を押しつぶして
地面の草につかまったカメムシを見たら、これがキラキラと光って綺麗。
「あーあ、良かったね」とシシウドに誘導して撮影できました。

d0283373_5305493.jpg

d0283373_531720.jpg
d0283373_5311788.jpg
d0283373_5312647.jpg

触角が一本欠けていましたが、初めて見る綺麗なカメムシ。
帰宅後名前を調べてみたら、ツノアオカメムシと分かった。
体長20mmぐらいか、光沢のある緑色のカメムシで、胸部の側角が前方に突出している。

こんなカメムシを夢中で撮っている私、周りの方からどんな目で見られていたか
知る由もありませんが、まあそれを気にし出したら何もできませんからね。

で、綺麗なカメムシと言えば、アカスジキンカメムシが一番だと思っていたら
さにあらず、ニシキキンカメムシが日本で最も美しいカメムシと言われているらしい。
確かにニシキキンカメをWEBで見たら、なるほど納得です。
ヤマトタマムシやハンミョウの色彩に似てとても美しい。

更に、『昆虫記者のなるほど探訪 天野和利』(この本持っています)の
キンカメムシ飼育の極意教えます に辿り着いた。
「千葉のカメムシ御殿、日本のキンカメ全種みられる・・・」とのこと。
キンカメに興味のある方は是非こちらをクリックして見て下さい。
一般人にも開放されているのなら一度訪問してみたいですね。


by massie2013 | 2015-09-17 06:40 | 昆虫06:カメムシ目 | Comments(0)


<< ゴマちゃん 昨日午後から蛹化体制に      OM-D E-M1で深度合成・... >>