人気ブログランキング |

カシワクチブトゾウムシ


今季から冬の間の虫探しを始めている。
実はどこをどう探したらよいか分からないので
過去の延長線上のテスリッチ(手すりウォッチ)から始めたが、この時季やはり虫は少ない。

そこで樹皮剥がしという手法で探してみることにした。
樹皮剥がしの定番はケヤキだそうで、いつもの公園のケヤキらしき木からやってみたが
何か小さな虫がいるにはいるが、気持ち悪いのが殆どでダメ(虫の好き嫌いをしてはいけないのだが)

何か所目かの剥がしで、一目見てゾウムシの仲間と思われる虫を発見
それも三頭が重なっている。ヤッター!!これは久々のホームランだ。しかも3ラン!!
家に帰って図鑑と照合して、カシワクチブトゾウムシと判定しました。
ゾウムシ科 体長5mm前後
d0283373_12372140.jpg

樹皮を剥がした直後はじっと静止していたが、しばらくして動き出した。
ピサの斜塔のごとく(実物は見たことないが)かなり傾いているが・・・、大丈夫の様子。
d0283373_12373373.jpg
d0283373_12374966.jpg

大きさには雌雄の差や個体差もあるようだが、まあ5mmくらいです。
d0283373_12375922.jpg

しばらく撮影に付き合って頂き、元のケヤキに戻したら元気に歩いています。
d0283373_1238818.jpg

冬眠している訳ではないようなので、新しい越冬場所を探せることでしょうね。

初めての樹皮剥がしでゾウムシが越冬しているのを発見してテンションあがりました。
これが口吻の長いシギゾウムシ系だったら全く不満はないのですが・・・。
(この時季そんな贅沢なことを言ってはバチがあたりますね)

by massie2013 | 2015-02-08 17:00 | 昆虫01:コウチュウ目 | Comments(2)
Commented by jpjpjpgensan at 2015-02-09 20:26
これはすごいですね 
それにしてもよく見つかりましたね。
眼力が違いますな~
Commented by massie2013 at 2015-02-10 11:55
genさん どうもどうも・・です。
ケヤキの樹皮剥がしで、まさにビギナーズラックでした。
成虫で越冬しているツチバッタを館の虫かごの中で見ましたが、ゾウムシの仲間は初めてです。
知らないことだらけですが、自分の目で確認できたらやはり感動しますね。
<< フユシャクの仲間 コミミズクこれでお終い! >>