マッシーの四季折々Ⅱ

massie2013.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 28日

スグリゾウムシ


初秋にカクトラノオとホウジャクの仲間のコラボを撮りたくて
カクトラノオに巻き付いているつる性植物を取り除いてきました。

その際カクトラノオの葉っぱに小さな虫が・・・
初めて認識した虫で、多分ゾウムシの仲間だろうと想像。
大きさは5mmに満たないくらいか。
d0283373_4565162.jpg

こ奴は身の危険を感じる(多分)と、ぽとりと落ちてしまう。
2頭いたので一頭をつかんで杭の上に移動してもらった。
得意の偽死状態で、1~2分このまま。
d0283373_504223.jpg

そして反転してスタスタと歩き回る。
d0283373_512040.jpg

種名は多分スグリゾウムシだろうと。
名まえに似合わず口吻が短いですな。

ゾウムシの仲間はこれでやっと7種類目です。
昆虫の中で甲虫(コウチュウ)目が一番多く、その中でもゾウムシが最も多いそうな。
日本で1000種類以上いるそうなんですが、なかなか目につかない。

ゾウムシでWEB検索すると、駆除と一緒によく出てきます。
害虫が多いのでしょうかね。
でも私には象の鼻のようなフォルムがたまりません。
たで食う虫も好き好きのたとえ通り、オトシブミの仲間も同様好きです!


by massie2013 | 2014-06-28 05:30 | 昆虫01:コウチュウ目 | Comments(0)


<< シラホシナガタマムシ産卵中かな      ヤマトタマムシの羽脱 >>