マッシーの四季折々Ⅱ

massie2013.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2017年 09月 19日

エゾビタキ


一点に狙いを定めて飛翔しながらゲット
お見事です!!

d0283373_19501197.jpg
d0283373_19502214.jpg
d0283373_19502953.jpg
d0283373_19503834.jpg


by massie2013 | 2017-09-19 20:00 | 野鳥:ヒタキ科 | Comments(0)
2017年 09月 17日

キビタキ他


先日のお山にて
d0283373_19113559.jpg
d0283373_1912051.jpg
d0283373_19121159.jpg
d0283373_19121811.jpg
d0283373_19123692.jpg
d0283373_19125349.jpg


by massie2013 | 2017-09-17 19:30 | 野鳥:ヒタキ科 | Comments(0)
2017年 09月 15日

東大阪JCT


OM-D E-M1MarkⅡのライブコンポジットで車の光跡を狙ってみたが
構造物としてのJCTの美しさが目立って、車の光跡は平凡なものになってしまった

d0283373_17272849.jpg
d0283373_17284842.jpg
d0283373_17285735.jpg
d0283373_172955.jpg


by massie2013 | 2017-09-15 18:00 | その他 | Comments(0)
2017年 09月 14日

ハンミョウが飛んだ♪


ハンミョウの静止画は昨年十分すぎるほど撮ったので
今季はハンミョウの飛翔を!と様子見に出掛けているが
やはり3頭しかいなかったいつものフィールド。

OM-D E-M1MarkⅡのプロキャプチャーモードで
今季はカワセミやアカショウビン、ブッポウソウなどの飛翔を
自分なりに満足できるものが撮れたので、しからば気になる
ハンミョウではどうかなとチャレンジしてみた次第。

結果は以下ご覧のとおり・・・、ピン大甘です。
d0283373_349265.jpg
d0283373_3491487.jpg
d0283373_349234.jpg
d0283373_3493188.jpg
d0283373_3494254.jpg
d0283373_349493.jpg

頭の前方を飛び出す方向と決めて構図を決めるが
ハンミョウの数が少ないので背景を選ぶどころではなくて
想定したレンズ面と平行面からすぐに外れてしまい、どうしてもピン甘となってしまう。
連写速度も30fps(flame per second)にしていたが
ハンミョウのハヤイ動きにはついていけなかったな。

まあ、初めての試みで反省点ばかりだが、次回のチャレンジに燃えてきた。

カワセミなど飛び出すタイミングが大体読めることが多いが
ハンミョウの場合それがまだ分からなくて苦労しそうだ。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II, M. Zuiko Digital ED 300mm F4.0 IS PRO



by massie2013 | 2017-09-14 06:00 | 昆虫01:コウチュウ目 | Comments(2)
2017年 09月 13日

ツチイナゴ


ツチイナゴの幼体が多数、成虫はまばらにいました。
幼体のボディカラーは、グリーン系とブラウン系がいて
成虫になるとブラウン系一色になるそうです。

複眼の下に黒い線があって、涙を流しているように見える。
そのせいかどうか、とても優しい顔付でホンワカと和みます。

d0283373_1918297.jpg

d0283373_19182929.jpg
d0283373_1918411.jpg
d0283373_19185616.jpg
d0283373_1919550.jpg

近くのヨモギにはカマキリが虎視眈々と獲物を狙っています。
d0283373_19201340.jpg


by massie2013 | 2017-09-13 20:00 | 昆虫07:バッタ目 | Comments(0)
2017年 09月 12日

ホシアワフキ


ハンミョウを探しに出かけたが、今季は異常に少ない。
いつものフィールドに2頭だけ!何かがおかしいと危惧している。

しからば何かいないかと探していたら
カヤにとまっているホシアワフキのペアーが目に入った。
大きさ 翅端まで13~14mm

アワフキムシ類の幼虫は腹部から出す液体とおしっこに
空気を混ぜて泡の巣を作るのは良く見かけるが
成虫を見たのは初めてかな。

d0283373_14504779.jpg

d0283373_14505578.jpg
d0283373_1451463.jpg


セミのような複眼、正面顔を撮ろうと思って
カヤに触ったら逃げられてしまった。残念!

by massie2013 | 2017-09-12 16:00 | 昆虫06:カメムシ目 | Comments(0)
2017年 09月 11日

ゲンノショウコ 花からクルリンへ変身!


ゲンノショウコの花が咲いているフィールドで観察してみたら
クルリンになるまでの各ステージの形態のものを見ることができます。

一度覗いてみて下さい。クルリンを発見出来たらきっとあなたもハッピーに♪

d0283373_1521170.jpg
d0283373_15214023.jpg
d0283373_15215115.jpg
d0283373_15222261.jpg
d0283373_15223836.jpg
d0283373_1522495.jpg
d0283373_1523136.jpg
d0283373_15232490.jpg
d0283373_15234242.jpg

再掲
d0283373_15235488.jpg


ゲンノショウコはその最終形が神輿の屋根に似ていることから
神輿草とも呼ばれている。なるほど、納得!

by massie2013 | 2017-09-11 16:00 | その他 | Comments(2)
2017年 09月 10日

これは何でしょう?


自然からの贈り物!
d0283373_14494334.jpg


More  答えはこちら

by massie2013 | 2017-09-10 16:00 | その他 | Comments(2)
2017年 09月 09日

ハラアカハキリヤドリ


ブールービーを撮っていた時、見慣れない特徴的なハチがいた

腹が赤いのでそのまま『腹の赤いハチ』と打ったら
一発でハラアカハキリヤドリというハチの名前が確認できた
d0283373_17452170.jpg
d0283373_17452899.jpg

ブルービーと同様に、このハラアカハキリヤドリは
オオハキリバチに労働寄生するとあった

カッコウなどの托卵と同じで、寄生する方はチャッカリしているなぁ~!と思う

(やっといつもの生活環境に戻りました
 本格的な稼働は来週からとなりそうです)

by massie2013 | 2017-09-09 19:00 | 昆虫03:ハチ目 | Comments(0)
2017年 09月 05日

キツネノマゴの花とブルー・ビー


幸せを探しにこちらからブルー・ビーに会いに出かけた(笑)

このフィールドではオミナエシやミソハギやアキノタムラソウで吸蜜しているのが定番だった
オミナエシはシーズン前に刈り取られて姿なし、アキノタムラソウは既に枯れてシーズンオフ
ミソハギはまだ咲き揃っているが、どういう訳かこのごろミソハギを見向きもしない
なんでだろう??例年ならミソハギでも吸蜜している頃なんだが・・・

で、直近はこの小さなキツネノマゴの花に訪れている
d0283373_432131.jpg

d0283373_4323464.jpg
d0283373_4325066.jpg
d0283373_433520.jpg

キツネノマゴという名前の由来を知りたくてWEBでいろいろ調べてみたが
どうも定説といったものが見つからない

良く見かけたのが『花穂の紡錘形の形を狐の尻尾に見立て、ポツンポツンとつく
小さな花を、まとわりつく孫に例えたという説、花穂を子狐の尻尾に見立てた説
花の形が狐の顔を思わせるからなど諸説があるようですが、さてさて?!

しからばその花穂と花をクローズアップして
d0283373_4453429.jpg

d0283373_4454785.jpg

なるほど、花穂(かすいと読むんですね!)は、狐の尻尾に見えなくもないが
花の形の方は何とも言えんなぁ~という印象、皆さんはどう思われますか?

☆★☆お知らせ☆★☆

今日からしばらくPC環境から離れますので申し訳ありませんがご了承ください

by massie2013 | 2017-09-05 07:00 | 昆虫03:ハチ目 | Comments(0)