マッシーの四季折々Ⅱ

massie2013.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2017年 07月 29日

アシグロツユムシ幼虫


ノカンゾウの花にいたアシグロツユムシの幼虫
d0283373_10424321.jpg

そこから少し離れた場所で、カワラナデシコの花にも
d0283373_10435511.jpg

アシグロツユムシはキリギリスの仲間、成虫は肉食系だが
幼虫は花びらや花粉を食べるので、この時季は花に注目したら見つけ易い

by massie2013 | 2017-07-29 16:00 | 昆虫07:バッタ目 | Comments(0)
2017年 07月 26日

エサお持ち帰りのアカショウビン


巣立ちを促す行動かどうかよく分からないが
一旦運んだ餌を雛に与えずにそのまま持ち帰ってしまった

撮影日は7月13日で、一番子が巣立ったのは7月22日とのこと
撮影しているときに雛が巣穴から顔を出すことは無かったが・・・

d0283373_1344584.jpg
d0283373_13444026.jpg

個人的にちょっと引っかかったので記録としてアップしてみた

by massie2013 | 2017-07-26 16:00 | 野鳥:カワセミ科 | Comments(0)
2017年 07月 25日

ハスカワ


初のハスカワです♪
d0283373_11144982.jpg
d0283373_1115682.jpg
d0283373_11151751.jpg


by massie2013 | 2017-07-25 16:00 | 野鳥:カワセミ科 | Comments(2)
2017年 07月 24日

タンチョウツルのヒナ


岡山県自然保護センターでは、今年6月6日3年振りにタンチョウの雛が誕生しました

私が訪れた時は7月14日で、38日経過後のヒナ、といってももうすっかり大きく成って
貴公子然といった趣のある可愛いタンチョウツルでした
d0283373_13581653.jpg

d0283373_13582843.jpg

ここでは毎年10月にタンチョウフェスタが開催され、色づき始めた紅葉バックで
タンチョウの飛翔を見ることができます。

一度撮ったことが有るが、今調べてみたらもう7年まえの事だった。
あの時の悔しい思いを思い出して、今年は一新した機材で撮りおさめをしたい気分だ。

by massie2013 | 2017-07-24 16:00 | 野鳥:ツル科 | Comments(0)
2017年 07月 23日

逆立ちするハッチョウトンボ


真夏日の午後、ハッチョウトンボが恒例のオベリスク姿勢をとっていました(7/14)
d0283373_13322796.jpg
d0283373_13324093.jpg
d0283373_13325358.jpg
d0283373_1333612.jpg

赤トンボの逆立ち姿勢、定説では「逆立ちをすることで太陽の光を受ける体の面積を減らし
体温が上がらないように調整するという暑さに弱い赤トンボの習性」として説明されている。

そこで、それを確かめるために逆立ちをしているトンボを日傘の影の中に置いたら
逆立ちを止めて、また日向に出したら逆立ちを始めたという実験結果が報告されていた。
なるほど、今度機会があれば人工的に影を当ててどうなるか自分の目で確かめてみよう。

by massie2013 | 2017-07-23 16:00 | 昆虫05:トンボ目 | Comments(0)
2017年 07月 22日

アカショウビンとまりもの


エサを持ってきて巣穴に飛び込む前に必ずお気に入りの枝にとまるが
今回のボジョンではそれらが見えにくい位置だった
(二兎を追うもの一兎も獲れずを避けて、飛び物優先にした次第)

手持ちにして、やっと撮れたのが此れぐらい
d0283373_13244441.jpg
d0283373_13245330.jpg
d0283373_1325967.jpg
d0283373_13251889.jpg

コノハズクも居たが、暗い所で色が出ない
d0283373_13254828.jpg


by massie2013 | 2017-07-22 16:00 | 野鳥:カワセミ科 | Comments(2)
2017年 07月 21日

アカショウビン巣穴から離れる


雛に給餌した後、巣穴から離れるアカショウビンを追った

よく見たら左方向に半回転しているのが分かる

d0283373_16262412.jpg

d0283373_16263948.jpg
d0283373_16265023.jpg
d0283373_1627023.jpg
d0283373_1627965.jpg
d0283373_16271946.jpg
d0283373_16273233.jpg
d0283373_1627422.jpg
d0283373_16275067.jpg


by massie2013 | 2017-07-21 17:00 | 野鳥:カワセミ科 | Comments(0)
2017年 07月 20日

給餌中のアカショウビン


5年振りのアカショウビン
今年は5年前と同じ巣穴で子育てしている言う(現地に着いてから聞いた)

公園の開場が8時半からで、開場前から並んで入園したが
ポイントに着いたら既に三脚が林立していた
4列目ぐらいに陣取って、巣穴が見える位置でスタンバイ

先ずは巣穴へのエサの運び込みをプロキャプチャーモードで
d0283373_15191758.jpg
d0283373_15193251.jpg
d0283373_15194035.jpg
d0283373_15195277.jpg
d0283373_1520391.jpg
d0283373_15201271.jpg
d0283373_15202351.jpg

私がいた位置では止まり木から飛び出すところが見えないので
セカンドレリーズのタイミングが分からなかったが、
アカショウビンが飛び出すとカメラのシャッター音が鳴り響くので
巣穴の手前でアカショウビンが見えてからゆっくりシャッターをきっても
十分その前の画像が記録されているので楽チンだ!

とまあ書きましたが、所詮置きピンなので、皆さんのシャッター音に合わせて
連写を始めても同じ結果が得られるとは思いますが・・・、後は効率の問題

とすれば、プロキャプチャーの優位性は断然飛び出し時の撮影にありますね

by massie2013 | 2017-07-20 16:00 | 野鳥:カワセミ科 | Comments(0)
2017年 07月 19日

マダラアシゾウムシ


ゾウムシの中でも最も象に似ているかもしれないマダラアシゾウムシ
体長約15mm、クヌギの木にいたらなかなか見分けがつきません
苔の付いた枝に移動してもらって記念撮影・・・

d0283373_19234520.jpg
d0283373_19251614.jpg
d0283373_19252830.jpg


by massie2013 | 2017-07-19 20:00 | 昆虫01:コウチュウ目 | Comments(0)
2017年 07月 18日

ササゴイ


淀川支流のササゴイポイントまでバイクで出掛けてみた

婚姻色の出たオイカワを獲るところを見たかったが
なかなか狩りが成功せず、獲った時は岩の向こう側だった
d0283373_19533369.jpg
d0283373_19535182.jpg
d0283373_1954498.jpg
d0283373_19541872.jpg

序でにダイサギも
d0283373_19542781.jpg


by massie2013 | 2017-07-18 20:00 | 野鳥:サギ科 | Comments(0)