マッシーの四季折々Ⅱ

massie2013.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2017年 07月 21日

アカショウビン巣穴から離れる


雛に給餌した後、巣穴から離れるアカショウビンを追った

よく見たら左方向に半回転しているのが分かる

d0283373_16262412.jpg

d0283373_16263948.jpg
d0283373_16265023.jpg
d0283373_1627023.jpg
d0283373_1627965.jpg
d0283373_16271946.jpg
d0283373_16273233.jpg
d0283373_1627422.jpg
d0283373_16275067.jpg


by massie2013 | 2017-07-21 17:00 | 野鳥:カワセミ科 | Comments(0)
2017年 07月 20日

給餌中のアカショウビン


5年振りのアカショウビン
今年は5年前と同じ巣穴で子育てしている言う(現地に着いてから聞いた)

公園の開場が8時半からで、開場前から並んで入園したが
ポイントに着いたら既に三脚が林立していた
4列目ぐらいに陣取って、巣穴が見える位置でスタンバイ

先ずは巣穴へのエサの運び込みをプロキャプチャーモードで
d0283373_15191758.jpg
d0283373_15193251.jpg
d0283373_15194035.jpg
d0283373_15195277.jpg
d0283373_1520391.jpg
d0283373_15201271.jpg
d0283373_15202351.jpg

私がいた位置では止まり木から飛び出すところが見えないので
セカンドレリーズのタイミングが分からなかったが、
アカショウビンが飛び出すとカメラのシャッター音が鳴り響くので
巣穴の手前でアカショウビンが見えてからゆっくりシャッターをきっても
十分その前の画像が記録されているので楽チンだ!

とまあ書きましたが、所詮置きピンなので、皆さんのシャッター音に合わせて
連写を始めても同じ結果が得られるとは思いますが・・・、後は効率の問題

とすれば、プロキャプチャーの優位性は断然飛び出し時の撮影にありますね

by massie2013 | 2017-07-20 16:00 | 野鳥:カワセミ科 | Comments(0)
2017年 07月 19日

マダラアシゾウムシ


ゾウムシの中でも最も象に似ているかもしれないマダラアシゾウムシ
体長約15mm、クヌギの木にいたらなかなか見分けがつきません
苔の付いた枝に移動してもらって記念撮影・・・

d0283373_19234520.jpg
d0283373_19251614.jpg
d0283373_19252830.jpg


by massie2013 | 2017-07-19 20:00 | 昆虫01:コウチュウ目 | Comments(0)
2017年 07月 18日

ササゴイ


淀川支流のササゴイポイントまでバイクで出掛けてみた

婚姻色の出たオイカワを獲るところを見たかったが
なかなか狩りが成功せず、獲った時は岩の向こう側だった
d0283373_19533369.jpg
d0283373_19535182.jpg
d0283373_1954498.jpg
d0283373_19541872.jpg

序でにダイサギも
d0283373_19542781.jpg


by massie2013 | 2017-07-18 20:00 | 野鳥:サギ科 | Comments(0)
2017年 07月 17日

夏羽のアカガシラサギ


冬羽のアカガシラサギを見たのはもう7年前
その後近畿圏で夏羽の個体が何例か見れたが、諸事情で行かれずじまいだった

そして先日都市公園の近くの田圃でとても綺麗な夏羽のアカガシラサギが
いると聞いて出掛けたが、9時ごろ着いたときは飛んだ後だった
1時間ほど帰ってくるのを待ったが、太陽光線を遮るものがなにもない場所なので
暑さに耐えきれず撤収・・・、最近粘りにかけてきた

後日(7月6日)たまに行く池にいると連絡を頂き駆けつけてはみたが
何せ遠い位置、斜光気味で暗くて解像感がさっぱりだがまあ記録として残しておきます
何んといっても夏羽のアカガシラサギはライファーですから
d0283373_11363793.jpg

d0283373_11364944.jpg


by massie2013 | 2017-07-17 16:00 | 野鳥:サギ科 | Comments(0)
2017年 07月 16日

山のサンコウチョウ


このところ視力の低下が目立ってきた

特に林間のポイントでは動きの速い鳥はなかなか見つけられない

初日は全くダメで二日目にしてやっととらえられたのが此れ・・・
d0283373_1941756.jpg
d0283373_19412296.jpg
d0283373_19413349.jpg
d0283373_19414499.jpg

子育て終了直後とのことだが、まだこれだけ長い立派な尾羽を持っているんですね!

by massie2013 | 2017-07-16 20:00 | 野鳥:カササギヒタキ科 | Comments(0)
2017年 07月 15日

ハイイロチョッキリ


ブログ更新をすっかりサボってしまい、申し訳ありませんでした
特別身体に不調があった訳でもなく、それなりに鳥撮りには出掛けていたのですが
成果も乏しくテンションも下がったままで、ついつい・・・

証拠写真レベルの在庫が貯まってきたので再度情報発信していきたいと思います


今年自宅で羽化したハイイロチョッキリ

多数羽化したがいずれも元気が良すぎて
容器の外に出したらすぐに飛び去ってしまいなかなか撮らせてくれない
何回か試みてやっと撮れたのが此れ!
d0283373_16534822.jpg

こんなに全身が毛に覆われていたとは知らなかったな

序でに魚露目レンズで
d0283373_1655891.jpg

画質がイマイチで何とかならんかな

追記  枝付きドングリを集めたので、当然のことながら羽化したのはハイイロチョッキリだけだった
実のところクヌギシギゾウムシなどのシギ系が欲しいのだが
これらの産卵ドングリをどう見つけるのかが最大の難問だ!

by massie2013 | 2017-07-15 18:00 | 昆虫01:コウチュウ目 | Comments(0)
2017年 07月 04日

OM-D E-M1MarkⅡのライブコンポジット機能で遊ぶ


近くの交差点に行き、信号機の灯器が全灯したように見える画像を撮ってみようと試みた

この交差点では上部が横型灯器、下側が矢印灯器で構成されていて
それらの組合せで交通整理が自動化されています

でライブコンポジットで合成した結果が次の通りで、青が点灯していません
d0283373_10163298.jpg

いつも通り慣れた交差点の信号機で、当然青も点灯するだろうと思っていたのですが
進め・左折可は矢印信号だけ、止れで黄、右折可が赤と矢印信号の繰り返しで
青は点灯することが無かったのです
先入観で思い込んでいたんですね。あーあ、恥ずかしい

次いで横断歩道橋に登って、車のテールランプの光跡を撮ってみました
WB は太陽光
d0283373_10282777.jpg

WBは電灯
d0283373_10284315.jpg

WBの違いで随分見え方が違うものですね。いつもはAutoしか使わないもので・・・

ライブコンポジットはモニター上で光跡が追加されていくのが見えるので楽しいです
深度合成と同じようにカメラが自動的に処理してくれるのでとても楽チンです
今年は花火撮影にチャレンジしてみるつもりです

by massie2013 | 2017-07-04 11:00 | その他 | Comments(2)
2017年 07月 01日

2年振りにオナガバチの仲間に再会


今日から7月、カレンダーの厚みも半分になってしまった
時の経つのが本当に早いです

鳥撮りの帰り道、2年振りにオナガバチの仲間がいたポイントに寄ってみた
エノキの枯れ木が処分されてから足が遠のいていたが
半枯れのエノキにオナガバチの♀一つ、♂二つがいた
d0283373_1824348.jpg
d0283373_1825254.jpg

アシナガオニゾウムシは多数いました
産卵中の♀を♂がガードしているような感じで
d0283373_183999.jpg


♂が♀の背中にマウントしているように見えるが、逆向き・・・
d0283373_21375790.jpg


by massie2013 | 2017-07-01 21:40 | オナガバチの仲間の観察 | Comments(0)