マッシーの四季折々Ⅱ

massie2013.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2017年 06月 29日

タケカレハ 可愛いぞ!


マンションへの訪問シャ(蛾) です
陶器山が近いので、時に珍しい蛾などが訪れてきます

といってもマンションの灯火に惹かれて朝帰りに失敗した個体
通路の壁に張り付いていたのを斜め横から見たら
鼻先の長い鼠のように見えて、おやっ、可愛いぞと
棒切れで誘導してベランダでモデル撮影会、撮り放題です(笑)

チョウ目カレハガ科 大きさ30~40mm
d0283373_139250.jpg

d0283373_1392142.jpg

d0283373_1393845.jpg

d0283373_1395514.jpg
d0283373_1310969.jpg

成虫には毒が無いそうだが、苦手の毛虫には毒があるので要注意だ

これら蛾の訪問者も良いのですが、甲虫の仲間が来てくれたらなおさら嬉しいんだが・・・

by massie2013 | 2017-06-29 16:00 | 昆虫02:チョウ目 | Comments(0)
2017年 06月 28日

ニワハンミョウ 成虫


一週間前は確認できなかったニワハンミョウ成虫がお出ましだ(6/26)
餌場としているのは原っぱの通り道だが、雑草に次第に占領されて狭まっているようだ
でもここで数匹見れたし、近くでは多分ニワハンミョウの幼虫の巣穴が多数あるので
生は確実に繋がっているようなので安心だ
d0283373_11591719.jpg

d0283373_1201156.jpg

ニワハンミョウの幼虫と思われる巣穴、幼虫の頭で蓋をしているが如し
LEDライトで照らしてみたら金属光沢色に見えているが、ピンボケで残念
d0283373_1213951.jpg

次は深度合成で確認してみたい

ニワハンミョウが見れたら、次はナミハンミョウの出現が待たれる
ニワハンミョウには悪いが、ナミハンミョウの方が見ごたえがあるもんな!

by massie2013 | 2017-06-28 16:00 | 昆虫01:コウチュウ目 | Comments(0)
2017年 06月 27日

サフランモドキ


散歩道の傍らの植込みの一角で、サフランモドキが咲いていた。
d0283373_15571965.jpg
d0283373_15572966.jpg

サフランモドキは雨が降って球根が潤うと花茎がのびて開花する性質があるため
英語ではレインリリー(Rain lily)とも呼ばれているようです。

花は1~2日で萎れてしまい、美人薄命を地で行くがごとしですね。

サフランモドキの花言葉など引いて見たら
花言葉:便りがある、清純な愛、陽気、歓喜、期待、予想
誕生花:9月30日、10月23日  であった。

で、己自身の誕生花ってなんだったかなと調べてみたら
〇〇と◆◆で、怖い花言葉がいっぱい並んでいました。

うっかりミスがもともと多い私には、心すべき花言葉でもありました

お散歩カメラ:TG-3で

by massie2013 | 2017-06-27 17:00 | その他 | Comments(2)
2017年 06月 25日

ジャコウアゲハ


蝶の庭で

今年おそらく1化(卵→成虫)目のジャコウアゲハ
d0283373_19514020.jpg

d0283373_19514994.jpg

ウマノスズクサも今年はしっかり繁茂している
d0283373_19525388.jpg

これから何化目まで見られるか楽しみだ

by massie2013 | 2017-06-25 20:00 | 昆虫02:チョウ目 | Comments(2)
2017年 06月 24日

蝶の庭でジャコウアゲハが羽化していました


散歩コースの蝶の庭で蛹化したばかりと思われる
ジャコウアゲハの金色に輝く蛹を見つけてから(6/10)
羽化に至る経過をほぼ同じ時間帯(6時前後)で観察してきました

昨日(6/23)の蛹で上部が青みがかってきたように見えたので
これは羽化が近いのかなと期待していました
6月23日の蛹
d0283373_11162794.jpg


そして、本日目に飛び込んできたのは、蛹の下部が茶色に変色した部分
おやおや?と上部に目を移したら裂け目があるぞ
なんだ、既に羽化しているではないか!
6月24日の羽化殻
d0283373_11154038.jpg


どこに移動したんだろうと近くを見回したら
すぐ後ろのウマノスズクサの葉の裏で翅を広げていました
d0283373_11155493.jpg
d0283373_1116389.jpg

願わくば羽化に立ち会いたかったが
自宅ならともかく野外での観察だから無理だったな

Moreで11日以後の蛹の状態をアップしておきます
WEBでみたら、暖かい時期の蛹は1~2週間で羽化するらしいですね

今後機会があれば今回知り得た情報で羽化の経過を観察したいです

いずれも撮影機材は既に2世代前になってしまったTG-3です
カメラ内深度合成がOM-D E-M1からできるようになって
持ち出す機会が少なくなったコンデジ、解像度などに不満がありますが
お散歩カメラとしては良き相棒になってくれています

More 蛹の経過 

by massie2013 | 2017-06-24 16:00 | 昆虫02:チョウ目 | Comments(0)
2017年 06月 22日

コマドリ


天然苔のお立ち台にとまったコマドリの決めポーズが撮れなかった時の画像(6/17)

当日はそのポイントが狙える位置に三脚を据えたまま待機しました
が、そのお立ち台にはなかなか来てくれず、来てくれた時は枝被りでボツだったのは既報の通り

で、周辺のお気に入りの枝などにはまあまあ来てくれて、手持ちで移動しながら撮りましたわ

d0283373_1972436.jpg
d0283373_1973520.jpg
d0283373_1975198.jpg
d0283373_19843.jpg
d0283373_1982879.jpg
d0283373_1984423.jpg
d0283373_1985844.jpg

後日入った情報ではそのお立ち台に結構現れているとのことで
私はこのコマドリとの相性が余程悪いんだなと諦めています(笑)

by massie2013 | 2017-06-22 20:00 | 野鳥:ヒタキ科 | Comments(0)
2017年 06月 21日

水上の忍者 アメンボ


ハスカワ(ハスの花とカワセミ)を求めて、初めての小さな蓮池を訪れてみた
ハスの花の蕾は既に多数出来ていたが、肝心のカワセミの姿がない

四阿でしばらく待っていたが、カワセミの鳴き声も聞こえずギブアップ

で、池の水面を見ていたらアメンボが多数いて
アメンボも昆虫だよねと思い起こして撮ってみた

d0283373_1932967.jpg

d0283373_1933863.jpg

アメンボはカメムシの仲間、脚が6本あります

前脚は短いが、中脚と後脚が非常に長く、その脚の先端部分には短い毛が密集している
この密集した毛があることによって、その毛が水をはじき、表面張力が発生して、
水面に上手に浮かび上がることができるそうだ
なるほど、前脚の部分は水面がくぼんで見える

アメンボには臭腺があって、そこから甘い飴のような臭いを発するらしい
でも掴まえて匂いを嗅いでみたいとは思わないな

by massie2013 | 2017-06-21 20:00 | 昆虫06:カメムシ目 | Comments(0)
2017年 06月 20日

今年もオジロアシナガゾウムシ


見かけたらどうしても撮ってしまいます(苦笑)
d0283373_17185741.jpg
d0283373_1719656.jpg
d0283373_17191347.jpg
d0283373_17192290.jpg


by massie2013 | 2017-06-20 18:00 | 昆虫01:コウチュウ目 | Comments(0)
2017年 06月 19日

国蝶 オオムラサキ


私が巡回しているフィールドではオオムラサキを見る機会はありません

そこで今回も放蝶会で自然界に放たれたオオムラサキを見たくて出掛けてきました(6/18)

瑠璃色の美しい翅をもつ♂
d0283373_1734495.jpg

d0283373_1735466.jpg
d0283373_17351410.jpg

こちらは一回り大きな♀ 翅は地味な茶むらさき色
d0283373_17353150.jpg

恋の季節のオオムラサキの♂は、空をとんでいるものなら何でも
♀だと思って追いかけてしまうそうです。天敵の鳥でさえも・・・
♂の寿命はわずか2週間、懸命に命を繋ごうとする姿なんですね

by massie2013 | 2017-06-19 18:00 | 昆虫02:チョウ目 | Comments(0)
2017年 06月 18日

ラストチャンスのコマドリは


この天然苔のお立ち台で決めポーズのコマドリが撮れたら撮り納めにしようと決めて
朝から同じ位置で6時間待ち続けてやっと来てくれたが、ご覧のとおり枝隠れ!
d0283373_182460.jpg

今季は無理だろうから撮り納めは来年に持ち越しだな

by massie2013 | 2017-06-18 18:30 | 野鳥:ヒタキ科 | Comments(0)