マッシーの四季折々Ⅱ

massie2013.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2017年 05月 31日

ジュウイチかも


先日のお山で、ホトトギスの声が頭上で聞こえるが姿が見えない

で山道を歩いていたら左前方の木に大きめの鳥が飛んできてとまった
何んとかワンシーンだけ連写できた
ホトトギスだったら嬉しいなと思って画像を確認したらどうも違う
帰宅して図鑑と照合して、ジュウイチと判定したが・・・
d0283373_17403626.jpg

この時季家の周りでもまだ夜が明けきらないうちから
ホトトギスが鳴いているのが良く聞こえる
ホトトギスは未撮状態が継続しているが
なにはともあれジュウイチもライファーで撮れて良かったです

by massie2013 | 2017-05-31 08:00 | 野鳥:カッコウ科 | Comments(2)
2017年 05月 30日

お山のコマドリ


鳥友さんにご案内して頂き
初めて標高1570mのお山で
コマドリの撮影にチャレンジしてきました

ポイントに着いてしばらくしてからコマドリの鳴き声が聞こえてきた時は
これは近いぞと胸が高鳴り、コマドリが姿を見せてくれるのを待ちました

が、ブッシュの中を忍者のように横移動して現れません
で、鳴き声の方向に移動して待っていたら突然左方の切り株に登場
生憎逆光で笹の葉かぶりで・・・
d0283373_16254259.jpg

直ぐに飛び去った後は鳴き声も小さく遠くへ行ったようで
それではとミソサザイなど他の鳥を狙うことにして移動

昼食をはさんで再びコマドリポイントに行って
鳴き声を確認しながら追っかけるも姿見えず
鳥友さんがあそこにいるよと教えてもらって覗き込んで
笹の向こうに顔だけ出してくれてなんとか撮れました
d0283373_16255283.jpg
d0283373_1626011.jpg

自然状態の綺麗な御立ち台もあったようで、気づくのが遅かった
だがそこにとまるまでじっと朝から晩まで待つことができるかどうか?
私には出来そうにもない

by massie2013 | 2017-05-30 17:00 | 野鳥:ヒタキ科 | Comments(0)
2017年 05月 29日

手強いサンコウチョウ


この時季のサンコウチョウ、手強いというか
私とはすこぶる相性の悪い野鳥の一つだ
樹上高く飛び回り、葉隠ればかり
自分の目で捉えないと、撮れっこない
(所詮自分の腕ですが・・・)
d0283373_2294890.jpg
d0283373_2295594.jpg
d0283373_230355.jpg

振り返ってみればまあまあ撮影できたのがもう7年前だった(笑)
あのころはもっと鳥撮りに燃えていてテンションも高かったな

by massie2013 | 2017-05-29 06:00 | 野鳥:カササギヒタキ科 | Comments(2)
2017年 05月 25日

カシルリオトシブミ


イタドリで揺籃作成終了間際のカシルリオトシブミ
体長約4mmの小さな格好の良いオトシブミです

泣き言になりますが、マクロ撮影には風が強すぎて
連写に頼りましたが見るに堪えられそうな画像は一枚だけ
d0283373_1651970.jpg

虫のシーズンインしたのに、出会う虫の少ないこと
木道の手すりウォッチングも低調そのもの!なんででしょうね

by massie2013 | 2017-05-25 17:00 | 昆虫01:コウチュウ目 | Comments(0)
2017年 05月 23日

ハッチョウトンボ


5月12日に3頭初認と公表されていたのでブッポウソウからの帰路に立ち寄ってみた

個体数がまだ少ないので見つけられるかどうか不安だったが
じっくり見つめていたら何とかステージの異なる3頭がを見つかった(5/19)

先ずは真っ赤に染まった♂成熟個体
d0283373_16253587.jpg

d0283373_16254990.jpg

次いで頭だけ赤くなった♂半熟(?)個体
d0283373_16274538.jpg

d0283373_162865.jpg

♂未成熟個体
d0283373_16282955.jpg
d0283373_16283919.jpg

早くも尻上げ行動を見せていた

一円玉に収まるくらいの小さなトンボ、今季も対面できて嬉しい限りだ!

by massie2013 | 2017-05-23 17:00 | 昆虫05:トンボ目 | Comments(3)
2017年 05月 22日

ブッポウソウ飛翔など


5月19日撮影分の続き

今までは無味乾燥な四角い木箱だったが
自然木から切り出した巣箱に替わっていたぞ!
d0283373_19382517.jpg

d0283373_13324497.jpg

d0283373_19384368.jpg
d0283373_19385343.jpg
d0283373_1939342.jpg
d0283373_1939113.jpg

まだまだ餌となる昆虫などが少ないせいか、飛びのパフォーマンスも少なめだった

間もなく産卵が始まるようです
雛が誕生してから給餌のためのパフォーマンスも次第に増えるだろう
一説では一日に200回も給餌した記録もあるそうな
オニヤンマを咥えて巣箱に向かうところを一度撮ってみたいものだ!

by massie2013 | 2017-05-22 20:00 | 野鳥:ブッポウソウ科 | Comments(0)
2017年 05月 21日

桐の花とブッポウソウが狙いだったが


ブッポウソウ観察場所では日本一の「横山様」にお参りしてきた(5/19)

2年振りの訪問だが
観察小屋も一新されていて、巣箱も天然木に取り換えられていた

最初に桐の古木に姿を見せたのが6時38分
d0283373_19562362.jpg

場所を変えてすぐに交尾
d0283373_19593932.jpg

d0283373_200301.jpg

d0283373_2004978.jpg

d0283373_2011370.jpg

d0283373_2014369.jpg

約10分後、正面遠くの栗の木で2回目の交尾
d0283373_2042440.jpg

その後ようやく落ち着きを見せて、桐の花とのコラボのつもりだったが
d0283373_2092678.jpg

d0283373_2095164.jpg

ちゃんとした枝にはとまってくれず、給餌もやっとこの一枚だけ
d0283373_20101819.jpg

当日は横山様の縁日で、9時前から観察場所の後方の草刈りが始まり
ブッポウソウも姿を隠してしまったので撤収した

by massie2013 | 2017-05-21 20:30 | 野鳥:ブッポウソウ科 | Comments(0)
2017年 05月 20日

ブッポウソウとハッチョウトンボ


桐の花とブッポウソウの求愛・給餌を撮りたくて思い切って出掛けてきた

取りあえず、桐の花とブッポウソウのコラボ
花のあるすっきりしたところにとまらなくて残念
d0283373_103516.jpg
 
ここまで来たらどうしても寄りたい処 ハッチョウトンボの生息地
d0283373_1051713.jpg


by massie2013 | 2017-05-20 12:00 | 野鳥:ブッポウソウ科 | Comments(2)
2017年 05月 17日

ヒラタアブの仲間


ヒラタアブの仲間のペアーを見つけた
d0283373_14215660.jpg

ペアーの飛翔を撮ろうと飛び立った後を追ったが
直ぐに見失ってしまった。残念!

こちらはレンげの花に訪れたミツバチ
d0283373_14264298.jpg

d0283373_14265372.jpg


by massie2013 | 2017-05-17 17:00 | 昆虫04:ハエ目 | Comments(0)
2017年 05月 13日

カルガモの雛受難


カルガモの雛が見られるよということで北の池に出掛けてみた

最初6羽の雛が親鳥と一緒に泳いでいたが
d0283373_14175069.jpg
d0283373_1418168.jpg

池の中ほどにある岩組みのところに昼寝に戻った直後
1羽の親鳥が激しくバタバタと暴れ出し
同時に雛たちも岩組みから離れて行った
d0283373_14205585.jpg

d0283373_14211064.jpg


よく見たら雛が5羽しかいない
どうやら岩組みのところで雛の一羽が何者かに捕らわれた様子
ヘビによるものかイタチか何か分からないが、とにかく忽然と消えてしまった
弱肉強食の世界、自然の摂理にただ驚くのみ!
残った5羽の雛たちもこの先どうなるのか、知る由もない!

2008年ごろ、カルガモ親子の引越しで大手町の三井物産人工池から
皇居のお堀に、内堀通りを横断して行く愛らしい姿が名物になっていました
その時はお巡りさんも出て、交通整理にあたっていたんですよね
(今調べてみたら三井物産本社は2013年に閉鎖されて再開発されているようです)

by massie2013 | 2017-05-13 16:00 | 野鳥:カモ科 | Comments(0)