マッシーの四季折々Ⅱ

massie2013.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:昆虫06:カメムシ目( 28 )


2017年 10月 02日

ツクツクホウシがまだ鳴いている


10月になったというのに

d0283373_1732344.jpg

最近↑のような厳ついフロントマスクの車が増えたような
d0283373_1734113.jpg
d0283373_17341012.jpg


by massie2013 | 2017-10-02 18:00 | 昆虫06:カメムシ目 | Comments(0)
2017年 09月 12日

ホシアワフキ


ハンミョウを探しに出かけたが、今季は異常に少ない。
いつものフィールドに2頭だけ!何かがおかしいと危惧している。

しからば何かいないかと探していたら
カヤにとまっているホシアワフキのペアーが目に入った。
大きさ 翅端まで13~14mm

アワフキムシ類の幼虫は腹部から出す液体とおしっこに
空気を混ぜて泡の巣を作るのは良く見かけるが
成虫を見たのは初めてかな。

d0283373_14504779.jpg

d0283373_14505578.jpg
d0283373_1451463.jpg


セミのような複眼、正面顔を撮ろうと思って
カヤに触ったら逃げられてしまった。残念!

by massie2013 | 2017-09-12 16:00 | 昆虫06:カメムシ目 | Comments(0)
2017年 06月 21日

水上の忍者 アメンボ


ハスカワ(ハスの花とカワセミ)を求めて、初めての小さな蓮池を訪れてみた
ハスの花の蕾は既に多数出来ていたが、肝心のカワセミの姿がない

四阿でしばらく待っていたが、カワセミの鳴き声も聞こえずギブアップ

で、池の水面を見ていたらアメンボが多数いて
アメンボも昆虫だよねと思い起こして撮ってみた

d0283373_1932967.jpg

d0283373_1933863.jpg

アメンボはカメムシの仲間、脚が6本あります

前脚は短いが、中脚と後脚が非常に長く、その脚の先端部分には短い毛が密集している
この密集した毛があることによって、その毛が水をはじき、表面張力が発生して、
水面に上手に浮かび上がることができるそうだ
なるほど、前脚の部分は水面がくぼんで見える

アメンボには臭腺があって、そこから甘い飴のような臭いを発するらしい
でも掴まえて匂いを嗅いでみたいとは思わないな

by massie2013 | 2017-06-21 20:00 | 昆虫06:カメムシ目 | Comments(0)
2016年 09月 10日

アカスジキンカメムシ幼虫だ


以前から見たいと思っていたアカスジキンカメムシにやっと出会えた。

WEBで見覚えのある模様・色彩・光沢などから4齢幼虫だと判定した。

残念ながら成虫ではなかったが、このあたりに生息しているのかと考えると
来年成虫と出会えそうな気がして嬉しくなってきた

この個体ももう一度脱皮して5齢幼虫となり、落ち葉の中で越冬するんだろうな
d0283373_17182717.jpg
d0283373_17183774.jpg
d0283373_17184659.jpg
d0283373_1718547.jpg



by massie2013 | 2016-09-10 18:00 | 昆虫06:カメムシ目 | Comments(2)
2016年 06月 12日

オオシラホシハゴロモの幼虫か?


今までベッコウハゴロモやアミガサハゴロモの幼虫を何例か見てきたが
それらとはだいぶ雰囲気の違う幼虫を最初に見たのは5月17日
いつもの公園の手すり上であった。

バックショットです。
腹端の綿状のロウ物質が、ヒトデの足のように丸まって(?)います。
d0283373_515186.jpg
d0283373_52384.jpg

大きさは3mmぐらい、顔の部分は撮れませんでした。
で、その時に別個体だったか記憶が定かでありませんがこんなのも撮っていました。
d0283373_552610.jpg

小さすぎて私のレンズでは限界を超えています。

その直後、いつも参考にさせて頂いているよそ風さんの『そよ風のなかで』の
5月21日の記事に同様の事が記述されています。

で、其の時は、ああそうかいなと軽い気持ちでおったのですが
6月10日前回と同じ場所で、体長5mm程度まで成長したと思われるその幼虫に再会しました。
d0283373_8204970.jpg

d0283373_82167.jpg

ハゴロモの幼虫でこれだけ大きいものは見たことありません。
ひょっとしてひょっとするぞと、改めてそよ風さんの記事、そしてそこにリンクされている
むし探検広場で『ものすごく珍しいハゴロモを見つけてしまいました』に行き当たりました。

どうやらオオシラホシハゴロモの幼虫のようです。

本種の成虫は台湾には生息しているようですが
日本では2010年頃に兵庫県で2例、
1例は月刊むし2012年3月号(No、493)で報告がなされているそうです。
昨年の事ですが、岐阜での確認が、国内3例目となるとか。

これは大いに期待持てそうですね。やはり成虫を見ないことには・・・。



by massie2013 | 2016-06-12 09:00 | 昆虫06:カメムシ目 | Comments(2)
2015年 12月 13日

鳥ではなくて昆虫のコミミズク幼虫


鳥撮りを終えて撤収すべくバッグをみたらこの虫がくっついていた
鳥友さんは「気持悪い!」とおっしゃったが、私には貴重な虫
当然小袋に入れてお持ち帰り、ベランダでモデルになってもらった。

d0283373_20364136.jpg
d0283373_20365160.jpg

体長約10mm、何か私にはイカかエビの仲間に似ているように思える

昨秋初めて観たのが緑色型だった。

その時はミミズク幼虫も鳥のコミミズクも見たことがなかったが
その後両方を見ることができてとても良かった。

今季も鳥のコミミズクが昨年と同じ場所に出ていると聞いたが
確実な情報を得てから出掛けてみようと思います。



by massie2013 | 2015-12-13 21:00 | 昆虫06:カメムシ目 | Comments(2)
2015年 10月 25日

ヒゲナガサシガメの幼虫


木道の手すりウォッチングで・・・

d0283373_444484.jpg

昨年もこの場所で初めて見て
成虫も見たいものだと気には留めていたが
見れないまま一年が過ぎてしまった。

この幼虫はヤツデの葉裏などで越冬するらしい。
まずヤツデがどこにあるのか確認しなくては・・・。


by massie2013 | 2015-10-25 06:00 | 昆虫06:カメムシ目 | Comments(0)
2015年 10月 23日

アミガサハゴロモ 成虫と幼虫


暗褐色~黒褐色で、前翅の前縁中央部にはっきりした白紋を持つハゴロモの仲間。
羽化した時は緑色の粉でおおわれているが活動するうちに脱落するらしい。

今回であった個体は、羽化してから時間が経っているらしく、黒褐色と赤褐色の2体だった。
d0283373_13444969.jpg

d0283373_13445975.jpg

若齢幼虫が数匹枝に張り付いている。
d0283373_13451052.jpg

終齢まじかの幼虫だろうか。最近はこの姿を見ても、アミガサかベッコウの幼虫だろうと驚かなくなった。
d0283373_13452121.jpg

バックショット。腹部のロウ物質からできた毛束が、羽化するときは消失するのか。
幼虫時代はこの毛束を使って飛び跳ねているようだから面白いものだ。
d0283373_13453056.jpg



by massie2013 | 2015-10-23 16:00 | 昆虫06:カメムシ目 | Comments(0)
2015年 10月 21日

ウシカメムシ 幼虫と成虫


木道の手すりでちょこまか動く小さなカメムシ発見!

体形的特徴からウシカメムシの終齢幼虫と断定してみたが
d0283373_9441433.jpg

d0283373_9443068.jpg

過去ここで成虫も見ているからいずれ会うだろうと思っていたら、やはりいましたよ。
前方側から狙ってみたら、複眼にピンがきたが前後はボケボケ!
M1で早くカメラ内深度合成を試してみたいが・・・。
d0283373_9484261.jpg
d0283373_9485383.jpg

背中の模様は何かのお面に似ているような気もするが、さてなにかな?


by massie2013 | 2015-10-21 10:00 | 昆虫06:カメムシ目 | Comments(0)
2015年 09月 28日

アミガサハゴロモ幼虫


頭隠して尻隠さずのような動きのアミガサハゴロモ幼虫。
これまで何例か見てきたので、スルーすることはしなかったぞ。

先ずは特徴のあるバックショットで!
d0283373_19181083.jpg
d0283373_19181923.jpg

横顔です。体長5mm未満で小っちゃいです。
d0283373_19182994.jpg

ここの手すりウォッチングではアミガサハゴロモ成虫をよく見ているので間違いないだろう。



広場で一段落していたら、小学低学年の男児が、宝物をゲットした時のように眼を輝かせて
「ねえ、おじさん、見て見て!ほら、カマキリを捕まえたら ハリガネムシが出てきたんだよ」と
水を張った小さな飼育ケースを見せてくれました。確かにハリガネムシだ。
「きみ、凄いのを捕まえたねぇ~。」と返してから、おじさんと呼ばれて急に嬉しくなって!

まあ、こんな場所でおじいさんと呼ばれることは無いにしても、おじさんと言う響きは良いな。
これからも服装はもちろん一つ一つのアクションにも若々しくありたいと思った次第。

服装について言えば、鳥見を始めたころからバカの一つ覚えで迷彩色に統一している。
帽子、上着、ズボン、手袋、タオルも椅子も迷彩色。レンズコートも三脚のハンドカバーも!
で、先日「派手な服装やなぁ~」と岩湧山登山の方に初めて言われて少ながらずショック!
「これが鳥には優しい服装なんですよ」と返すのが精一杯で・・・。

まあともかく、この服装は鳥にも昆虫にも(?)優しいはずなので今後も替えるつもりはない。
しかし、まあ、迷彩色のものばかり、かくもこんなに揃えたもんだわ!



by massie2013 | 2015-09-28 20:09 | 昆虫06:カメムシ目 | Comments(0)