マッシーの四季折々Ⅱ

massie2013.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 05日

「数十年に一度」アオノリュウゼツランが開花


鳥友さんがこの記事をアップされていたので気に留めていたところ
先日の朝刊やコミュニティ誌で大きく取り上げられたので
これは自分の目で確かめておかなくてはと暑い中見てきました

南河内地域では数十年に一度しか咲かないという
メキシコ原産のアオノリュウゼツラン(青の竜舌蘭)
今では高さ約12メートルぐらいまで伸びて、団地の3~4階に届きそうです
茎の上部に黄色い花をつけてハチの仲間が訪花していました
d0283373_11564177.jpg
d0283373_11565052.jpg
d0283373_1157866.jpg

d0283373_1232794.jpg

成長に長い時間が必要な植物で
“生涯”の最後に一度だけ花を咲かせて枯れるという

この葉を発酵させたお酒がテキーラだ(花文で説明を受けた)
メキシコに一度だけ出張で行ったことが有り
其の時まあまあのレベルのテキーラをお土産で買ったが
あのテキーラは何処に行ってしまったんだろう!

by massie2013 | 2017-08-05 17:30 | その他 | Comments(0)


<< 撮り納めブッポウソウ      深緑の陶器山に異変が >>