マッシーの四季折々Ⅱ

massie2013.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 12日

オオシラホシハゴロモの幼虫か?


今までベッコウハゴロモやアミガサハゴロモの幼虫を何例か見てきたが
それらとはだいぶ雰囲気の違う幼虫を最初に見たのは5月17日
いつもの公園の手すり上であった。

バックショットです。
腹端の綿状のロウ物質が、ヒトデの足のように丸まって(?)います。
d0283373_515186.jpg
d0283373_52384.jpg

大きさは3mmぐらい、顔の部分は撮れませんでした。
で、その時に別個体だったか記憶が定かでありませんがこんなのも撮っていました。
d0283373_552610.jpg

小さすぎて私のレンズでは限界を超えています。

その直後、いつも参考にさせて頂いているよそ風さんの『そよ風のなかで』の
5月21日の記事に同様の事が記述されています。

で、其の時は、ああそうかいなと軽い気持ちでおったのですが
6月10日前回と同じ場所で、体長5mm程度まで成長したと思われるその幼虫に再会しました。
d0283373_8204970.jpg

d0283373_82167.jpg

ハゴロモの幼虫でこれだけ大きいものは見たことありません。
ひょっとしてひょっとするぞと、改めてそよ風さんの記事、そしてそこにリンクされている
むし探検広場で『ものすごく珍しいハゴロモを見つけてしまいました』に行き当たりました。

どうやらオオシラホシハゴロモの幼虫のようです。

本種の成虫は台湾には生息しているようですが
日本では2010年頃に兵庫県で2例、
1例は月刊むし2012年3月号(No、493)で報告がなされているそうです。
昨年の事ですが、岐阜での確認が、国内3例目となるとか。

これは大いに期待持てそうですね。やはり成虫を見ないことには・・・。



by massie2013 | 2016-06-12 09:00 | 昆虫06:カメムシ目 | Comments(2)
Commented at 2017-01-27 12:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by massie2013 at 2017-01-28 06:35
鈴木様 お早うございます。
ご訪問有難うございます。
本件の趣旨了解しましたので、別途メールさせて頂きます。


<< オオヨシキリの成鳥と幼鳥      灯台下暗しでしたわ! >>