マッシーの四季折々Ⅱ

massie2013.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 31日

水滴をまとったアリグモ


ネコハエトリグモ大好き人間だが、
『水滴の帽子をまとった、おしゃれハエトリグモが超絶かわいい』を見たときは
腰を抜かすほどビックリしたし、私もいつかはこんなのも撮ってみたいと思っていた。

お友達に教えてもらったマクロ使いの女性写真家 浅井美紀さんの
水玉マジック、『アリと水滴』にも衝撃を受けたし、それなりに仕掛けを
工夫しないとこんなのは撮れないよねと半ばあきらめの境地だったが・・・。

そこで、まずは行動をおこしてみようと、たまたま居たアリグモで
最も安直な方法でテストしてみた。

テスト前のアリグモ、成虫に近い幼体♀だと思ったが。
d0283373_1630192.jpg

アリグモには悪いが、少し水滴をまとってもらって
d0283373_1631102.jpg

d0283373_16311968.jpg
d0283373_16312817.jpg
d0283373_16313897.jpg
d0283373_16314727.jpg

これはなかなか面白そうだ。大きな水滴、どうやれば作れるのでしょうね。
もう一つは背景のセッティング・・・、なんか泥沼に入りそうな予感!


**今日の、狭山池セイタカシギ 滞在7日目
白色が目立つ個体が抜けたようで、昨日に続いて2羽になっています。
久米田池にも入っているという情報を得ました。
セイタカシギは関西地区にも徐々に進出してきているんでしょうか。

連日の好天続きで、狭山池の干潟も少しづづ面積が増えてきています。
そして、昨年に続いて11月上旬より、池干し実証実験が開始されます。
来年3月下旬までの予定ですが、拡大された干潟に多くのシギチが
来てくれたら嬉しいです。コウノトリ、ヘラサギさん、待っていますよ!


by massie2013 | 2015-10-31 18:00 | クモ | Comments(0)


<< ブログ開設8年目!      ジョウビタキ♂ >>