マッシーの四季折々Ⅱ

massie2013.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 05日

ヒメウマノオバチか?


昨年ウマノオバチを見かけた栗の木に近付いたら
目線の高さから上方へ何やら赤い物体が飛んで行った。

ひょっとしたらウマノオバチかと期待してしばらくその場所で待機したが戻ってこない。

で、諦めて栗の木から5メートルほど離れた位置にあるコナラを見上げたら
いたぞ3頭ほどの赤いハチが。が、産卵管が短いではないか。
またまた、ひょっとしてウマノオバチのオスかとも思ったが(どうも期待が先行して・・・)
冷静に考えてみれば、♂に産卵管がある訳がない。

手持ちの図鑑には載っていなくて、WEB検索でヒメウマノオバチと分かった。
d0283373_457457.jpg

d0283373_4571260.jpg
d0283373_4572221.jpg

大きさは目視で20mmは無いようだが、ヒメとつくからには体も小さいのか?
産卵管はウマノオバチより文句なく短くて、体長と同じくらい。

3枚目の画像でよく見たら上方に新しい脱出口がある。
何がこの穴から羽脱したのだろうか?
このヒメウマノオバチは、アオスジカミキリの幼虫に寄生するとある。
さてさて、アオスジカミキリのホストはねむの木か。
近くにねむの木ってあったかなぁ~。

そう言えばウマノオバチのオスもまだ見たことがないぞ。
どこかに必ずいるはずだが、・・・。疑問に更に疑問が重なって大変なことに。

虫たちとの出会いも一期一会!
何でも見てやろうという趣旨で(ただの欲張りです)
未だ的を絞り切れていないので、一斉に出現されると困ってしまう!
鳥にもいかなくては叱られてしまうし・・・。


by massie2013 | 2015-05-05 16:30 | オナガバチの仲間の観察 | Comments(0)


<< クルミハムシとカメノコテントウ      ベニカミキリ >>