「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
2016年 08月 24日

ナミハンミョウの正面顔を深度合成で


ナミハンミョウの個体数が順調に増えてきた!

それにしても美しい。

前回は大きく撮ってやろうと300mmF4PROを持ち出したが
このレンズは深度合成機能に対応していなかった。

今回は40-150mmF2.8PROに取り換えて、ナミハンミョウの深度合成撮影に初挑戦。
(最大撮影倍率は前者が35mm換算0.42倍、後者が同0.48倍でほゞ同じだ)

そして、ようやくナミハンミョウの雌雄の判別が出来るようになった(苦笑)

いずれもOM-D E-M1のカメラ内深度合成によるもの(2倍デジタルテレコン使用)

先ずは♂の正面顔から
d0283373_17423073.jpg
d0283373_17424079.jpg

次は♀の正面顔
d0283373_17425524.jpg
d0283373_1743682.jpg

ナミハンミョウの体長は20mm程度だが、縦位置からだと後部のピンが甘くなってしまう。

背丈の低い三脚を用意して、うつ伏せ作戦で臨んだが近くに寄ってくれず
止む終えず手持ちで撮影・・・、ワンショットでピンの合った解像度からみたら
深度合成後の解像度は?のような気もする。
まだまだチャレンジする気は満々、何しろ美しすぎるので・・・!


# by massie2013 | 2016-08-24 18:00 | 昆虫01:コウチュウ目 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 21日

サンショウクイ


普段は見る機会の少ないサンショウクイが集団で見られるよとのお誘いで
久々に南のお山にバイク登山、通いなれた道だがなぜか遠いと感じられた。

サンショウクイの登場は夕方だと聞いていたが、ひょっとして早めに出てくれるかもと
淡い期待を抱いて相当早めに到着・・・

下界はうだるような暑さだが、頂上の風通しの良い日影では涼しくて快適だ!

第一陣が1羽で到着したのは4時25分。待つこと〇時間、ひょっとしてはひょっとしなかったな。
d0283373_1646143.jpg

そして5時過ぎに、30羽ぐらいと思われる集団が来てショーの始まり
こんなに近くで、目線の高さでしかも多数のサンショウクイが見られるなんて最高だ!
d0283373_16502487.jpg

d0283373_16503599.jpg

d0283373_16505183.jpg

d0283373_16511632.jpg
d0283373_16512930.jpg
d0283373_16513738.jpg
d0283373_16514596.jpg

渡りの中継地になるんだろうか?アサギマダラももう少ししたら到着するだろう。

サンショウクイといえば台湾で見たベニサンショウクイも綺麗だったな。
雄が赤色、♀が黄色で・・・。
あれからもう5年か、早いなぁ~!


# by massie2013 | 2016-08-21 17:30 | 野鳥:サンショウクイ科 | Trackback | Comments(2)
2016年 08月 19日

カリガネソウ


漢字では「雁草」の字を当て、花びらの一部を鳥の雁(がん)に見立てて名付けられたとされます。

鳥の名前を冠する花に興味があるが、どう見たら鳥の雁(がん)にみえるのか良く分かりません。
一方、ホカケソウ(帆掛草)の別名もあります。この方がなんとなくイメージできそうです。

d0283373_14434240.jpg
d0283373_1443517.jpg
d0283373_1444455.jpg

蕊が下方から上向きに反り返っている花もある。何で??・・・
d0283373_14441327.jpg

鳥の名前の花という事で、在庫からトキソウ
絶滅したトキの保護事業で、今年訪鳥トキから三世代目の雛が誕生したという朗報があった。
豊岡のコウノトリのように自然繁殖が順調に経過しますように・・・。
佐渡島まで行かなくてもトキが見られるようになったらうれしいな!
d0283373_14442370.jpg

序でに、サギソウ  白の質感を出すのに失敗。リベンジだな。
d0283373_14443223.jpg

昨年はこのヘビウリの花から、カラスウリの花の開花を追っかけたものだが
今年はそのエネルギーがない。一旦、体験したら興味を無くしてしまうという性格もあるが・・・。
d0283373_14444045.jpg

存在感のある大きなタイタンビカスの蕊を
d0283373_14444941.jpg



# by massie2013 | 2016-08-19 16:00 | その他 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 18日

マツムシソウと


マツムシソウが咲き始めたというニュースで出掛けてみた。

昆虫のマツムシが鳴く頃に花が咲き始めるのでこの名が付いたといわれている。
なんか安易な命名のような気もするが、まあ良しとしましょう(笑)

花のある場所を探しながら移動して、着いたら幸運にもルリモンハナバチが訪花していた!
d0283373_174119.jpg

d0283373_1742190.jpg
d0283373_1743018.jpg
d0283373_1743981.jpg

ルリモンは一頭だけでしたが、ここで見たのは初めてです。

で、という事は昆虫のマツムシがもう鳴いているのかなぁ~。
以前見たところを今度フォローしてみよう。

公園内を歩いてみたら、連日の猛暑ながら秋の気配も
ススキの根元にはナンバンギセルが咲いている。

リオオリンピックでは嬉しい金メダルラッシュ!
ウスバキトンボの翅も金色に輝いて綺麗だったので記念の一枚。
d0283373_17114079.jpg



# by massie2013 | 2016-08-18 19:00 | その他 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 16日

ナミハンミョウの登場!


もうそろそろかなと例の場所に出掛けてみたらナミハンミョウの姿がない

そこで別の場所をブラブラ探虫して、帰り際に再度訪れてみたら
居ましたよ2頭!!1年振りの再会で感動!!
d0283373_4123329.jpg

d0283373_4124653.jpg
d0283373_412596.jpg
d0283373_41398.jpg
d0283373_4131744.jpg
d0283373_4132913.jpg
d0283373_4133967.jpg

OLYMPUS E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO, 1.4x Teleconverter MC-14
真横から全身を撮っても前後がボケてしまう。
次回は深度合成を試してみよう。

生餌を食べる肉食系のワイルド性ゆえにヤマトタマムシの人気には一歩譲るが
その色彩の綺麗さではハンミョウの勝ちと個人的には思っている。

ネットでみたら売買されているそうな。
という事はやはり撮影地はここに書かない方がよさそうですね。


# by massie2013 | 2016-08-16 08:00 | 昆虫01:コウチュウ目 | Trackback | Comments(0)